2020年11月14日

司法書士の横のつながり

さて、発表後、落ち着かない日々を過ごしている方も
多いと思います。


今回は、受験時代の先にある
司法書士の横のつながりについてです。
 

結論から言うと、縦でも横でも大事
ということです。 

コンサル会社(船井総研)からセミナー依頼を受けたので
快諾しました。
   
   
【webセミナー】2020年版相続・生前対策受任力アップ研修|船井総合研究所 写真.jpg
  
本日で日程は全て終了しています。
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/065659


   
同業者向けにオープンなセミナーを
するのはあまり気が進まない部分があるのですが、
業界に貢献できれば良いかなと思い出し惜しみなく
話しました。
   
  
私は、全国100事務所くらいからなる司法書士や税理士、
弁護士等の相続財産管理研究会なる会に所属しているのですが、
基本的にはみんな優しくて、普段から相談したり、
質問すると色々と教えてくれるので
私も普段から自らのことは出し惜しみなくお話するようにしています。

みんな事務所経営している上で、売上とかもオープンに
話したりします。
 
 
それでも
SNSやウェブ上などの顔が見えないオープンな場では
さすがにそこまでの情報はなかなか出ないと思いますし
あんまり出てこないと思います。
 
  
諸先輩方が大勢いるなかで、実務ノウハウというわけでは
ありませんが、特化してやっている部分があるので、
その点をお話しました。
 

また、個別にお会いした場合は、なんでもご質問頂ければ
できる限り応えています。

これから司法書士になる方は、不安を抱えていたり
分からないことも多いと思います。

できる範囲で、自分の失敗の経験や上手くいったことなどは
シェアしていきたいと考えています。


司法書士業界は、優しい業界だと思います。
特に地方では、人的つながりも強いですし、
面倒みてくれる人も必ずいます。
 
 
もちろん、自分だけ与えてほしいという姿勢では
信頼関係を作れないと思いますが、
相手への貢献心があれば、基本的には良い人が
多いですし、真面目な人が多いし
安心できる業界だと思います。


 
情報がどんどん更新されたり、
専門性が求められる以上、
自分一人ではレベルアップするのには
限界があります。
 

合格同期はそういう意味でもとても重要です。

情報が価値を持つ中で、
同業に限らず仲間作りや情報源作りは
非常に重要です。


合格見込みの方はそんなことも意識していくのも
良いのかと思います。



向田恭平
posted by 司法志士 向田恭平 at 20:46| Comment(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村