2020年06月15日

延長戦の学習計画

さて、毎日試験の日程がいつか気になっている方も
多いと思います。


受験生の立場は想像しただけでも
辛いと思います。


いつ試合が終わるか分からない
サッカーの試合のような



告白して返事待っててねと
そのまま放置されているような
 
 
 
当事者じゃない分、
ある意味冷静にお伝えできることがあると
思います。

気を悪くしないでください。
 
 

あと1週間あれば、
あと1か月あれば
あと3か月あれば
 
 
 
と思ったことがある方は
それらが現実になっています。



誤解を恐れずに言うと

ボーナスタイム

が得られています。



試験日発表後から3か月程度は空くと思います。
最低でも2か月は空くと思います。


したがって、試験日が発表されるまでは
例年の4月くらいの気持ちで過ごしていくのが
良いでしょう。




今は、逆算思考だけではなく、
積上げ思考の割合を若干増やして良いと思います。



逆算思考は、目標から遡って計画し実行する考えです。

積上げ思考は、とにかく目の前のできる限りを重ねていく考えです。



例えば、陸上競技に例えると
前者は、100u走で、11秒を切る
後者は、毎日とにかく早く走れるように練習する

や、

55キロまで痩せる
とにかく痩せれるだけ痩せる

などの考え方です。


どちらが結果が出るか


内容やレベルにも依りますが、基本的には逆算思考の方が
目標を達成しやすいとの研究結果が出ています。
 
 
試験についても同様です。

特に直前期は試験日から逆算して計画し
実行することを推奨しています。


ただ、その試験日が分からない今、どうすべきか。


ある程度、積上げ思考と逆算思考のバランスを
変えても良いと思います。



具体的には、
4週間で全範囲一周回すペースを維持
(できる人は3週間でも良いです)

これが例年の4月で理想的な学習ペースです。


そして、今年に関しては、
上記のペースでやることを若干増やす


択一が不安な人は、プラスするとすれば
条分を確認する時間を増やす

おススメは

LECの完全択一六法か





森山先生の
司法書士合格六法





判例付の六法でも構いません。




記述式が不安な方は、レベルに合わせて
単純に今やっている量を増やすことで
対応してください。
新しいことを増やす必要はありません。



やることを増やしたとしても、
全範囲を最大で4週間程度で一通りこなせるような
計画が望ましいです。


例年であれば4月のペースです。





今年の試験は、合格点が高くなるでしょう。
では、高得点を取るのに必要な力は何か。


ちょっと考えてみてください。




・細かい知識を多く持っていること
・未出の判例知識の習得
・難問に正解する力



などでしょうか。


もちろん、それらも必要ですが、
私が考える大事なことは


テキストに載っている知識で解ける問題を
漏れなく正解する


です。


誰でも解ける問題、合格者の多くの人が正解できる問題を
70問のうち1問も落とさない

全部拾っていく


ということが重要です。



難問に正解するのも、基礎問に正解するのも
得点は同じです。


正解すべき問題に全て正解する


言うのは簡単ですが、実際にやろうとすると
非常に難しいです。



年度過去問を演習する場合は、満点を取る

1問もミスしない


そんな学習が必要です。






試験日の発表がいつだろうかと気に病む人も多いと
思います。



私の勝手な予想では、
6月末か7月上旬だと思っています。



考えの根拠は、

司法試験も、元の試験日の直前に発表した
(事実)
 
延期決定(5月)の後の会場の手配に一定期間(最低でも1か月)は必要だろう
(入札などの情報に基づく推測)
 
自分が担当だったら元の試験日(7月5日)よりも前に発表したいな
(完全な推測、個人的な考え)



ということです。



いくらか涼しい時期の試験になりそうです。

台風の時期の可能性もあるので、
移動や宿泊がある方は、当日移動なのか
前泊なのか念のための前々泊なのかなど、
検討事項が増えそうです。



私は自転車通勤をしていて、筋トレも復活して
何だかとても健康に過ごしております。


いずれにしても、体調に留意しつつ
何とか継続していきましょう。



向田恭平
posted by 司法志士 向田恭平 at 20:44| Comment(0) | 試験対策・勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村