2019年03月27日

発表間近

そろそろ発表ですね。



4月1日


新元号。

何になるにしても、楽しみでありワクワクしますね。
まさに時代が変わる瞬間です。


それともう一つ


受験案内ですね。
さすがに4月には出てくるかと思います。



さて、
司法書士試験は、受験生が減り続けていて受験会場が減ることになりました。
この傾向は、このままだと止められないと思います。


 
また、
AIに仕事が奪われる?仕事がなくなる?
資格を取得しても大変
とか、を気にする方もいるかと思います。

我々は、もっと視座を高くいきましょう。


AIの活用は、人材不足のどの業界にとっても歓迎すべきことです。
特に経営者にとってはそうです。
 
 
実際に
リーガルテック、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)等の
導入や開発をする事務所も増えてきています。

司法書士の業務については、変化は起きると思います。

先日の後見人に関するニュースもそうです。
親族がなる方が望ましいという流れにまた戻っていきそうです。

それは、はっきり言って、司法書士等の専門家の運用に
問題があったからだと思います。

それでも、ニーズは減ってはいません。

 

これから試験に挑戦する方にとって、
「司法書士の未来はどうなるんだろう」
と気になることも多いかと思います。
 

働き方や役割は変わっていくと思います。
重要性は増すとともに、広がっていくとも思います。

そこら辺もそのうちアップしていきます。

 
話を元号に戻して

(新元号の)元年合格
良い響きですね。


我々は、新しい時代を築いていく役割を担っています。

まずは元年合格目指して取り組んでいきましょう!
 
 
 
向田恭平
ラベル:元号 受験案内
posted by 司法志士 向田恭平 at 12:00| Comment(0) | 試験情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村