2017年08月09日

法務省の名称等を不正に使用した架空請求により被害が発生しています

基準点発表後ではありますが,
今回は別のお話
法務省の名称等を不正に使用した架空請求により被害が発生しています
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00434.html(法務省)

以下引用です。
本年5月以降,「少額消費料金未納に関する訴訟最終告知のお知らせ」,「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと題し,「民事訴訟の取り下げの相談に乗る」等と書かれたはがきが送付されているとの情報が法務省に多数寄せられており,今般,実際に被害が発生したことが確認されました。
 差出人は,「法務省管轄支局 民事訴訟管理センター」,「法務省管轄支局 訴訟管理事務局センター」などと記載されていますが,これらの団体と法務省とは一切関係がありません。
 文面には,財産の差し押さえを強制的に執行する等と不安をあおり,本人からの連絡を求める内容になっており,書かれている電話番号に連絡をすると弁護士等の紹介費用と称し金銭を要求されるといった情報も寄せられています。
 対処方法としては,はがきに書かれている電話番号等には「絶対に連絡しない」ようにし,「相手にしない」ことが大切です。それでも,不安に感じる場合には,お住まいの自治体の消費生活センターや警察等に御相談ください。



「消費生活センターや警察等に連絡」とありますが,
仮に司法書士等に相談がきた場合,払わなくて済むような
対応は難しくないですが,回収は結構大変な場合が多いです。


他にも,「登記が完了したので,登記費用を払え」
と弁護士事務所の名前で請求が来るような詐欺も
あるようです。
 

基本的には無視しておいたら良いです。

連絡してしまったと相談を受けた場合は,
早めに専門家等に相談するようアドバイス
してください。



向田恭平
posted by 司法志士 向田恭平 at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村