2015年12月02日

民事信託に興味はあるか

こんにちは。向田恭平です。


さて,まずは

2015年12月05日
ハイブリッド合格塾 特別講義 簡単記憶術&ハイブリッド学習法

記憶術と択一解法のフレームワークが学べます。
記憶術は一生もののノウハウです。

申込締切は今日までです。
http://kokucheese.com/event/index/350866/
メルマガ登録で5000円です。
忘れている方はお急ぎください。


さて,本題です
民事信託または家族信託

耳にする方もいるでしょうか。
商事信託とは違い使いやすい事もあり,
注目を浴びています。

財産管理業務の一環としても数年前から
注目を浴びています。



活用の幅も非常に広く,

遺言や相続のように一括で全額渡すのではなく,
未成年者や障がい児への月々の分配
認知症になっても贈与の継続が可能

受益者を段階的に定めておくこと(受益者連続型)
による家系を守りたい人やLGBT夫婦間での
信託も注目されています。

また,共有不動産の一括管理で処分を用意にし,
利益は共有者に分配する。

等の活用もできます。


ただ,実際にやったことがある司法書士は
ほとんどいないと思います。


感覚的には1%〜3%くらいかと思います。
30人に一人もいないです。
※主観です。統計はありません。

やったことがあっても,2桁いっている方は
ほとんどいないのが現状です。



なぜか?

考えられるのは次の3つです。

1件に手間と時間がかかるから
金額が高いから
内容が難しいから

です。

司法書士の学習をしている方でも,
実際に文字だけだとイメージ湧かなくて
難しいかもしれません。


これはあくまでもお客さんの視点に立った場合です。



司法書士側からすると次の3つ

専門性が高いから
経験がないから
税金のリスクが大きいから


信頼できる税理士さんがいるのはやはり重要です。
経験を積むことも重要ですが,どこで積めるの?
ということにもなります。



依頼が来たらどうするの,

ということにもなるかと思います。





そこで,民事信託の簡単な手続の流れと
料金表,推薦図書一覧をプレゼントしようかと
考えています。



恐らく今の段階では,料金表の大事さに気づかないと
思いますが,独立する際には絶対に必要になります。


ちなみに,今受任中の案件は,見積りで80万円弱です。


興味がある方は是非。



ということで,応募要件ですが,
次回のブログで更新します。


今日の質問
+++++++++++++++++

 民事信託に興味はあるか

+++++++++++++++++


新しい事,新しい商品に付加価値は
付いてくるものです。
参入障壁が高いので,価格競争に
なりにくいです。


新しく司法書士になったあなたの活躍の場が
広がると良いなと考えています。



司法志士 向田恭平


今回の内容に興味がある方は
押しておいてください。



にほんブログ村
今後のプレゼント等の参考にします。

posted by 司法志士 向田恭平 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村