2015年08月10日

2015年択一基準点発表


法務省より択一式基準点等が発表されました。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00224.html


結果は





午前30問 3,303人 17.9%
午後24問 3,339人 18.6%


です。

25問目の正解は「3」
でしたね。

選択肢の組み合わせからして3を正解に
したかったんですね。




なお、2014年度は

午前 26問 2,525人 12.1%
午後 24問 4,759人 23.6%


でした。

昨年の数字で見ると午前は
31問(2440人、13.2%)でもおかしくなかったですね。



悔しかったり、浮ついたり、動揺したり、
今日は仕方ないかな、とも思います。



準備していた方はその通りの行動をしましょう。
どんどん前に進んでいきましょう。




少し厳しいことを言います。

午前の基準点が上がりました。
ただ、それでも午前の基準点は若干の政策的な配慮がされたかと思われます。

来年の合格を目指す方は、基準点は31問だったと
認識しておいた方が良いです。

来年は難化するという認識の元、より正確な知識、
解答力をつけておきましょう。


午後は23問でもおかしくなかったのですが、
来年も同じことになるかもしれません。

基準点の考え方としては、24問に置いておきましょう。


例年と違い冷静に自己の位置を判断する必要があります。

基準点からの距離、合格までの距離を誤ることなく捉え、
来年の対策を立てていきましょう。




しっかりと得点できていた方は、

「基準点を超えてた場合にこうする」

と計画していた行動を取りましょう。


ここからが本当に精神的にキツイかと思いますが、時間は大事です。
前に進むための時間にしてください。
旅行に行くでも、仕事を頑張るでも、本を読むでも何でもいいです。


また、更新していきます。


改めて悔しい気持ちになった場合は、それをしっかりと
忘れないように言語化しておきましょう。

昨年の悔しさも本試験当日の悔しさも、時間ごとに
薄れているはずです。

しっかりと記憶して、今後の糧にしていきましょう。
現実を直視した上で前向きに進むことが大事です。

直視せずに逃げていると、ずっと追いかけてきます。
厳しいかもしれませんが、今年の基準点の考え方で
再評価をしてみてください。

どうすればそこに届くのか。
そこからがスタートです。


明日から配信のハイブリッド合格塾の収録
あるので、更新はその後になるかと思います。
ハイブリッド合格塾の説明はこちら


今日は立ち止ったとしても、明日からは進んでいきましょう。



司法志士 向田恭平



にほんブログ村
posted by 司法志士 向田恭平 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村