2015年08月10日

どうせ働くなら

さて、本日は択一基準点の発表ですね。


今日くらいは感情を出しても良いと思います。
明日からは予定通りの行動をしましょう。

8月11日から
ハイブリッド合格塾の先行配信が始まります。
(今収録の真っ最中です)


既に自己分析シートを出してくれている方は
その分析を元に何が必要かと意識しながら
受けてください。

分析結果は、基本的には9月の入学式の時の
スケジュール作成の時に活用するのですが、
7月中に提出頂いた方から順次返信していますので、
少々お待ちください。




さて、今日のタイトルの本題
受験時代の仕事についてです。

既に動いている人は動いていると思います。

現在働いている方はそれを一生懸命にやって
頂ければと思います。


これから働く場を選択できる方へ
この時期は、勉強ももちろんですが、今私がこの時期に戻って、
仕事をしていない状態なら仕事を探します。


そして、司法書士が周りに一人もいない環境で働きます。


例えば、医療関係、福祉関係、IT関係、不動産関係、
会計事務所、個人経営の飲食店、雑貨屋さん等

合格後の人脈を考えるなら、上記のうち、飲食と雑貨屋さんを
除いたものが業務の関連性は強いかと思います。

ただ、私は食べるのが好きなので、今なら食に関わる所で
働くと思います。
農業か飲食店かスーパーとか。
そういうのに特化した司法書士になっても良いかと思います。
特に個人経営のお店であれば、仕入れからロス管理から
売上や人事労務管理、一通りの流れを見ることが出来るかも
しれません。
そこで発生する法律問題や他士業の業務であったとしても
経営者が何に困っているのかを把握しておくのは重要です。

自分で解決できなければ紹介すればいいので。


大事なのは、現場の人の悩みを知識レベルではなく、
体験、経験として知っておくことです。

資格は手段です。
やりたいことがある、役に立ちたい人がいる
という場合には、まずはそのことを知ることが
重要かと思います。


説明するまでもないかと思いますが、

医療関係、福祉施設だと
成年後見、相続等の法律問題が発生するかもしれません
会計事務所は商業登記
不動産会社は不動産登記

何がやりたいか決まっていなくても興味がある
というレベルでも構わないと思います。

現場で困っている人は沢山います。
そんな時に身近に相談できる人がいると
その人に相談するはずです。


ただ、働く場合は一生懸命に働く必要がありますし、
挨拶を元気よくしたり、コミュニケーションを取っておく
という当たり前のことが必要です。


もちろん、事務所で補助者をやる、というのも構わない
かと思いますが、受験生の中では司法書士は特別な
3%の存在ですが、合格したら補助者や司法書士は
周りに沢山います。

その中で自分の個性(興味等)が活かせる何かが
あった方が成功しやすいのではと思います。


合格はもちろん大事で、そこに集中すべきです。
合格が遠のいては本末転倒です。

ただ、合格が本当のスタートですので、そこも
忘れないでほしいなと思います。

何がしたいかが重要です。
ちゃんとやれば司法書士は人の役に立てますし、
価値を提供出来ますし、正当な対価をもらうことも
十分できます。
でも資格を取っただけで何も考えていなければ
そんなに簡単には上手くいきません。


今日の発表が良いきっかけとなり、前向きな行動に
繋がることを期待しています。



司法志士 向田恭平


にほんブログ村 司法書士試験
↑良かったらクリックしてください
ラベル:仕事
posted by 司法志士 向田恭平 at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
向田先生、こんにちは。私は医療関係で働きながらの司法書士を目指している者です。今年初受験で不合格確定です。仕事をしながらの受験は弱い私にとっては厳しいものでしたが、向田先生のブログを読んで、今の仕事も将来に役立てる事が出来ると感じ元気をいただきました。また頑張ります。
Posted by ゆう at 2015年08月10日 13:18
ゆうさん

医療関係でお仕事なんですね。素晴らしいと思います。
周りに司法書士はいないと思います。
一生懸命に働いていれば、司法書士になった時に、
ゆうさんにお願いしよう、となると思います。
将来にきっと役立つことと思いますので、頑張ってくださいね!


Posted by 向田恭平 at 2015年08月10日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村