2015年07月17日

銀座と多賀城

15日(水)銀座にて
三枝先生とのコラボイベントを
実施しました

ご参加頂いた方、本当にありがとうございます。


そして翌16日から宮城県の多賀城入り
していました。


先に宮城での活動のこと
今回もまた一つ大きな課題が解決されました。
今回感じたのは、障がい者に対する偏見と
差別が非常に強いこと。

もちろん全員の方ではなく一部の方ですが、
本当に鋭い言葉を次々と平気で浴びせてくる。


いわゆる健常者が同じことをすることだってあるし、
間違いなんて誰にでもあるのに。



でも理解者、協力者のお蔭で一つ大きな問題が
解決されました。本当に一安心です。
大きな一歩。
粘り強く理解を得ていくしないです。


やりがいありますね。
まだまだ課題は山積みですけど^_^;


今回、学んだことは、誰かのために下げる頭は
いくらでもあるということ。

自分の感情なんて排除できる
何かのため、誰かのためなら出来る


自分だけのためだと、甘えが出てなかなか
頑張れないです

自分の為に頑張れない場合は、誰かの為に
って考えると良いです
試験の合格も、仕事も同じかと思います





さて、銀座では、本試験の解きにくかった
問題へのアプローチ。

基本知識とは何で、それを活かして
どう問題にアプローチしていくか、


そんな説明をしました。



その後・・・・

恐ろしく切れ味の鋭い三枝先生の
質問がどんどん私を襲いました(笑)




そこで、いきなり出た質問ですが



なぜ伊藤塾を辞めたのか



皆さんの興味があるとはそこまで
思えないのですが、誤解等で話に
尾ひれがついて広がっても嫌ですし、
勝手な推測が広がっても嫌なので、
説明はしておこうかと思います。



詳しくはそのうちメルマガに書きますが
簡単に言うと



宮城県の活動との両立が困難だったから


これに尽きます。


活動が始まり、この1年は、人生でも本当に
色々と壁に当たった1年でした。
かなりの部分を注ぎました。
大変な分、とても充実していました。


初めてのことばかりで、でもやるしかなくて。
それもこれも、試験を乗り越えた経験が
活きています。



講師を続けながら合格後の一つのカタチとして
そういった経験を示せればと思いましたが、
講義数等の事情もあり当時は両立出来ませんでした。




伊藤塾にはとても良くして頂きました。
間違いなく育ててくれましたし。
にも関わらず不義理をしたと思います。

自分のやりたいこと、それを優先しました。
我がままを通してしまいました。


辞めた理由は
簡単に言うとそういうことです。




先輩の講師達は本当に良い方ばかりでした。
具体的に名前を挙げると返って迷惑かも
しれないのでやめておきますけど、仲良いです。
お酒好きも多いですし(^^ゞ


伊藤真先生とも今年の試験会場の早稲田大学で
久しぶりにご挨拶お話が出来ました。


「残念だけどさ、好きなことやらないとね」


と伊藤先生らしいお言葉を頂きました。
背も大きいですが、器もでかい!

一緒に旅行に行った時の思い出なんかも
懐かしく話してくれました。



今後は、私の塾では、問題演習はしますが
一般的な答練、模試はやるつもりは
ありません。


ですので、色々な予備校の答練や模試は
おススメをしていく予定です。


伊藤塾はもちろんですが、そこに限ることなく
他のところもちゃんと良いものを
おススメしていきます。



イベントも開催間近です。
ハイブリッド合格塾の模擬講義と説明会を
実施します。

参加希望の方はこちらをクリックして先に進んでください


宮城の活動については、公開のブログでは
お伝えしきれないことも多いです。

メルマガで少しずつ書いていこうと思いますし、
それか直接聴いてください。

具体的には、六次産業と雇用の促進です。




司法志士 向田恭平



メルマガ登録がまだの方はここをクリックして先に進んでください




posted by 司法志士 向田恭平 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村