2015年06月30日

出願者数と合格率

合格率、出願者数、問題難易度について


まずは
今年の出願者数
21,754人

前年と比べて10%以上減っています。


出願者数が減ると合格しにくいか、


そんなことはありません。


合格の人数は絶対的に減るかもしれません。


その一方で合格率は上がる可能性があります。



例年の出願者数に対する合格率は2.8%

昨年度は受験生が10%程減りました。
一方で合格率は上がっています。


対出願者の合格率は約3.0%
対受験者の合格率は約3.8%


例年よりも0.2%上がっています。


今年もその傾向は続くのではないかと思います。

実際に専門家は必要ですので。
司法書士数を一定数保ちたいというのもあるかと
思います。



また、問題の難易度と合格率(合格のしやすさ)
この関係には相関関係はありません


強いて言うならば、過去のデータ上、
問題の難易度が高い方が合格率が
ほんの少し(0.1%弱)高くなって
います。


難しい問題が出ても、全体として合格点を
取れば良いです。

事前の知識がなければ、現場で考えて判断する
他の人も解けないのであれば、正解らしいものに
マークをして時間をかけない


毎年、本試験後の大手予備校のデータを見ると、
正答率が50%以上の問題に全て正解すると
合格点に届きます。


他の人が当たり前に正解できる問題を漏れなく拾う
このスタンスでいきましょう。



合格率が高い一方で、絶対的な合格者は減るかも
しれません。


チャンスですね。



実務現場では、不動産の動きが活発です。
あまり表だって語られませんが、不動産は
プチバブルの状態です。


人手不足も多く耳にします。



迷いなく早く合格して、このチャンスに
乗ってください。
仕事はある、人は足りない、という状況です。




そんなことも含めて今後もメルマガに書いていきます。
遅くなりましたが、無料レポートも本日配信の準備が出来ました。
随時配信していきます。


既に数百人の方に登録して頂いています。
メルマガ登録がまだの方はこちらから無料で登録できます。

https://canyon-ex.jp/fx18616/haiburi



メルマガについての詳しい説明はこちら




合格に勇往邁進していきましょう!





司法志士 向田恭平

posted by 司法志士 向田恭平 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421541211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック