2014年10月04日

なぜ司法書士試験を受けるのか?

多くのコメントありがとうございます。



実名の方はほとんどの方が非公開希望でしたが、
非公開の方には返信をする方法がなかなか見つからず
すいません。


嬉しい報告、悔しい報告両者同じくらいでしたが、
今回は、悔しい想いをした方へ

本当に司法書士になりたいですか?


今一度自問してみてください。



なぜ司法書士試験を受けるのか?


司法書士じゃなきゃダメなのか?





本当にあと一歩の方
実力的には十分ある方
努力量が十分な方
色んなものを犠牲にして
惨めな思いもして
後ろ指指されて
変なミスをしなければ合格した
迷いはない
全力を尽くした


という方は、虚無感と悔しさでいっぱいだと思います。
本気の本気でやってきた方だと思います。


試験までのモチベーション、覚悟を今一度確認する意味でも、
自問してみてください。


理由は正直何でもいいです。


やると決めたから


これだけでもいいです。
覚悟が持てるものであれば。




今年も甘かった
もっと勉強すれば合格する
勉強時間が確保できなかった
やる気が出なかった
つい遊んでしまった



という方は、もっと勉強すれば合格する


という反省になりがちです。



もちろん間違いではないです。




ただ、根本原因は別にあります


絶対に合格したいのか、
合格するための覚悟があるか
直近9か月の優先順位は?
人生における優先順位は?


これを厳しく問う必要があります。



そこが明確になり、絶対に合格する、ということになれば
方法はいくらでも考えますし、必死にやりますし、点数に
こだわりますし、結果にこだわることができます。



変な情報に振り回されなくなります。

何のために勉強するのか分からなくなると、教材や講座や
やり方が決め切れません。

合格して得たい何かがあるはずです。

ということはまずは合格のためです。
それは本試験で時間内に合格するための点数を取ることです。

自己満足のためではないです。







人生という観点において、司法書士に合格しなくても
幸せにはなれます。


いくらだってなれます。



一度やり始めたことを変える事に対してネガティブな評価が下りがちですが
そんなことはありません。
途中で辞めたっていいのです。


それは羨ましさも含めて、変われない人の嫉妬心もあったりします。




司法書士試験にこだわる必要はありません。



自分の人生です。


自分のやりたいようにやるべきです。



それでもなお司法書士を選ぶのはなぜか。





安易に、

よし! 今年はもっと勉強すれば受かる、という生易しい考えではなく、
絶対に合格するために、何をすべきかをこの時期だからこそ、
悔しさが強い今だからこそ考えてみてください。


そして、考えた結果、あえて、この難しい試験に「覚悟を持って」挑戦する人を応援します。

我武者羅應援團のように。


ダメな自分を変えくて必死に努力している方へエールを送ります。
だって、実は今の私も同じ。

ビビりながら目の前のことに必死に食らいついている。

どう見えているか分かりませんが、そんな感じ。
水の上だけ見ると澄ましてるけど、水中はバタ足。


あなたと私への応援song
人にやさしく/ブルーハーツ




司法志士 向田恭平

posted by 司法志士 向田恭平 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験対策・勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村