2014年06月28日

最後まで戦う

世間はワールドカップで盛り上がっています。
いました。という方が正確でしょうか。



しかし、日本代表に対しては、手のひらを返したように、
最初から駄目だったんだ、優勝なんて恥ずかしい、
口だけだ、
やっぱり駄目だ、


のような批判が一気に出始めています。



いやいや、みんな信じていたじゃないか、応援していたじゃないか。


もちろん気持ちは分かります。

期待していた分、やり切れない気持ちになっているのは。
もっと戦う姿勢を見せてほしいって。

期待していたからこそ批判もする。
愛情あってのことでしょう。当事者の成長のためには批判も必要かもしれません。


ただ、当事者は、その状況で必死にやっていると思うのです。

苦しい中で必死にやっていると思うのです。

プレッシャーの中、前を向いて戦っているのです。





簡単じゃないことは最初から知っています。
今さらなことです。

だから変わらず最後まで応援しました。





さて、あなたは今どうゆう状況でしょうか。
苦しいと思います。


全てが思い通りじゃないと思います。


最後まで戦うことの難しさを痛感していると思います。



「やっぱり駄目じゃないか」
「だから止めた方が良いって言ったのに」
「無理だよ。」
「結構無理そうだな。だって○○だし。」
「他の忙しいことあるし、思うように勉強できてないから今年は合格しなくても仕方ない」



これは周りの人だったり、自分で言い訳を作っちゃったり。



周囲の人の場合は、その人は挑戦していない人です。
夢を見ていない人です。



現実を見よう。


したり顔でそんなこと言う人は、リスクを冒さない人です。


本当の現実って、夢に溢れているはずです。



夢を見よう!




思いっきりやってみよう!




後悔だけはしないでください。


他人はあなたの人生の責任は取ってくれません。



だったら、やりたいように、やりたいことを徹底的にやった方が良いに決まっています。





とことんやっちゃいましょう!


そう本気で変わろうとする時に、潜在意識ではブレーキがかかります。
変わることに対するブレーキです。
潜在意識のブレーキ率は100%です。


だから変化しようとすると、もっともらしい言い訳を考えて、
変わらない理由を頭で探します。


仕事が忙しくて勉強できてないし
自分は仕事しているから仕方ない
○○時間しか勉強できてないし
もっと勉強してから合格しないと
家庭の事情でちょっと今年は厳しい
体調が悪くなって今年は厳しい
自分は司法書士に合ってないいんじゃないか
合格したって意味ないよ


などなど
本当に大きな事件や体調を崩して入院とか、あるかもしれません。


家が火事になったとか、息子の交通事故があったとか、2週間前に入院したとか
それでも合格した方は合格しています。


誰かしら何かしらあります。



覚悟を決めて、今の環境で全力で合格に取り組みましょう。


言い訳をしたり、逃げを作るのは、結果が出なかったときの
理由を今から作り上げてしまっているのです。


今ある環境でとことんやって、やって、やり尽くしましょう。
結果責任を自分自身で負う覚悟、保証のない中で最高最善を尽くす経験。


これが今後の糧になります。


何かのせいや人のせいにするのは簡単です。
自分自身で人生を切り開くためにはリスクが必要です。

自分らしい生き方は何か。


困難な挑戦から逃げないこと、自分の決断を全うすること。
そして、自分のためだけではなく、社会のために力を発揮しようとしている人。


私はそんな方を応援したいのです。


最後まで必死に挑戦しているあなたを応援しています!






向田恭平
posted by 司法志士 向田恭平 at 19:54| Comment(4) | TrackBack(0) | ノウハウ・メンタルスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
向田先生のブログが励みになります。
残り一週間のハイブリッドの回し方なんですが、なるべく全教科を最短日数で回して知識を鮮明にする方がよろしいでしょうか?
それとも、散逸してる苦手箇所をとにかく潰しつつ回した方がよろしいでしょうか?
先生のお言葉を励みに頑張りたいと思います!
Posted by yama at 2014年06月29日 13:14
向田先生、こんにちわ!

ワールドカップの件、僕も先生と同じ意見です。
手の平返したような意見には残念です。
ザッケローニ監督と選手はよく戦ったとします。
fifaランキング1位のスペインがグループリーグ敗退するんだから
組み合わせもあるとします。

あと、自分も大きな病気や仕事してて会社で必要な勉強をしなくてはいけなくて試験から逃げたりしていました。
そんなんだから6年も受験生しています。
今回も向田先生のブログで勇気づけられました。
ありがとうございます!!
Posted by 塾生05 at 2014年06月30日 12:17
yamaさん

ありがとうございます。
状況にも依りますが、全体を回した方が良いです。
ただ、そこは最後メリハリが必要です。
もうできて大丈夫な所と、心配な所のメリハリをつけましょう。

最後に全体を見回した、不安な部分を確認できた!
という事実とその知識、そこから来る自信を持って
当日挑んでください。

今からやっている知識で勝負していくのです。
大丈夫!yaamさんならやれます!

顔晴ってください!

Posted by 向田恭平 at 2014年06月30日 23:37
塾生05さん

いつもありがとうございます。
最後の最後まで本気で戦っている人を私は応援します。
当事者は人生賭けて必死にやっているはずです。

私はリスクをかけて挑戦している人が好きです。
塾生05さん最後までやり切ってください。

応援しています!

Posted by 向田恭平 at 2014年06月30日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399985266
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック