2013年11月05日

スタート

日付変わって、本日は最終発表ですね。


口述試験を受験した方は、ほぼ、確信しているとはいえ、
本当の一区切りです。

私が合格した年は、最終発表の日は忘れていました。

ともあれ、確定した方は、ここからは、本当に一気に前進していきましょう!
みんなが背中を見ています。


同じ問題で、同じ答えを選択し、用意された解答をする勉強は
終わりました。

もちろん、登記実務においては、唯一の答えがある場合が多いです。
それは目の前の人のお役にたとうとした結果です。

登記という結果は同じでも、そこに至る過程でかけた言葉、表情、段取り、
すべてにおいて同じことはないです。


なぜあなたに依頼をするのか。結果は同じでもなぜか?
値段?場所?それもあるかもしれません。


でも、自分ならではのお仕事をすること、それで力をとことん発揮することが
多くの人の幸せに繋がるのだと思います。
目の前の人にいかにしてお役に立つかを


どうか今胸に秘めている想い、個性、才能を存分に発揮できるような
カッコいい司法書士になってください。


先輩達が築き上げてくれた大切な伝統は守りつつも、
業界の変な古い常識に捉われないでください。

資格という手段は手に入れたので、やりたいことを実現するために
徹底的に活用してください。


本日は発表時に更新できないかもしれませんので、早めにメッセージだけ。




司法志士 向田恭平

posted by 司法志士 向田恭平 at 00:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は、ありがとうございました。
説明会を通して、現在の課題が明確になり、
将来に対する不安も、払拭しました。

自分のやりたいことに対して、
今やることの重要性を再確認し、
日々の勉強に邁進します!
Posted by 吉田 at 2013年11月25日 07:38
吉田さん
先日はありがとうございます。
収録外では色々お話しできるので、また説明会等ある場合は
参加してください。

やることが明確なのであとはやるだけですね!
Posted by 向田恭平 at 2013年11月27日 10:46
今は去年のハイブリッドを高速回転していますが記述の勉強方針が定まりません。

そこで、出題の手口をとおして本試験を知る講座を受講しようと思います。
この講座は論点を網羅していて、演習も十二分な量なのですか。
ほかにやったほうが良い講座や本があったら教えろください。
Posted by マリコ at 2013年11月28日 10:50
マリコさん

ありがとうございます。
「出題の手口を通して〜」講座は演習量としては
付録も入れれば、十分な分量です。

他にやるとすれば、うかる!司法書士シリーズの
山村先生の答案構成の書籍が良いかと思います。

参考にしてみてください(^^)
Posted by 向田恭平 at 2013年12月03日 01:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村