2013年09月04日

婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷

裁判官全員一致の意見で主文の通り決定!


さて,以前から(かなり前から)問題になっていた
非嫡出子の相続分の判例が出ましたね。



婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷
2013/9/4 15:08

結婚していない男女間に生まれた婚外子の相続分を、法律婚の子(嫡出子)の半分とする民法の規定の合憲性が争われた2件の遺産分割審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は4日、規定は違憲と判断し、二審の判断を破棄して審理を各高裁に差し戻す決定をした。大法廷の裁判官14人全員一致の判断。

婚外子の相続規定をめぐる最高裁の決定を受け、「憲法違反」と書かれた垂れ幕を掲げる非嫡出子側の弁護団(4日、最高裁前)
 最高裁が法律の規定を違憲と判断したのは戦後9件目。決定を受け、国会は民法の改正を迫られる。

 今回争われたのは、東京都と和歌山県の男性の遺産分割事案。2人には法律婚の妻と内縁関係の女性との間にそれぞれ子供がおり、いずれも2001年に死亡したことで子供らに相続権が発生した。

 特別抗告審で婚外子側は「家族や結婚に関する価値観が変化し、国連からも相続の平等化を再三求められてきた。規定の存在意義は既に失われており、無効と判断すべきだ」と主張。嫡出子側は「規定は法律婚を尊重しつつ、一定の相続分を認めることで婚外子にも配慮したもので、合理性がある」と反論した。

 一審の東京、和歌山両家裁は嫡出子側の主張を認め、「規定は合憲」と判断。二審の東京、大阪両高裁も支持していた。




さて,ニュース記事はもちろんですが,タイムリーな法令違憲判決なので,
全文を読んでおく価値は十分にあるでしょう。


身近な相続の法令についての判例なので,
特に,先例的な意味合いとしての拘束力,遡及効については
言及があります。
今後は,違憲判断をする場合には,この点を考慮した判決に
なっていくでしょう。


まずは内容から
立法時から,社会の動向や家族形態の多様化,意識の変化,諸外国の立法,
様々な変化があり,それらを考慮して,子を個人として尊重して,その権利を保障すべき。

具体的には,

ドイツ(1998年),フランス(2001年)に差別規定が撤廃。
現在欧米諸国では,差異を設けている国はない。

出生時からの差別意識を生じさせかねない。

子を個人として尊重してその権利を保障すべきという考えが確立されてきた。

住民票の取扱い,戸籍における続柄の記載も変化してきている。

国籍法3条1項の判決と改正。


これらの変化の影響もあり,民法900条4号ただし書は,憲法14条に違反し無効


また,遡及効については,
これは実務上はかなりの影響があるでしょう。


基準日(平成13年7月▲▲日)以降の未確定の手続はどうなるのか。
この点が今後大きな影響があるところです。



試験的には,4月までに法改正をしてくれたら間違いないのですので,
法改正を期待したいです。

法改正がされなかった場合は,判例の趣旨に照らし,という択一の問題の
場合は,この判例を元に解答すべきではないか,と考えます。

半血の兄弟姉妹はどうでしょうか。
準正の規定も改められるでしょうかね。

情報を得次第お伝えしていきます。


記述式の出題は・・・避けるでしょうか。


いずれにせよ,法改正がすればはっきり,すっきりするので,それが一番良いですね。


全文はこちらから
↑最高裁のだけです
ご自身で確認してみてください。


非嫡出子は,平成23年で2万3000人余り,割合は約2.2%とありますが,
身近に該当する人がいます。
色々とお話を聴いているので,その立場で考えてしまいます。


一方で,嫡出子の立場,例えば,自分に実は兄弟がもう一人いた
という場合は,どうでしょうか。



それでも出生による法的な差別的な扱いは廃止されるべきでしょう。
あくまでも法的な制度としては妥当だと考えます。


揉めたくなければ,今まで以上に,法律家が遺言等の事前の対策手段があることの情報の提供,
アドバイスをすることが重要になってきましたね。



したっけまた。





司法志士 向田 恭平


posted by 司法志士 向田恭平 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 判例先例等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村