2013年09月07日

環境を整える(合格後のお金の話)

お金と仕事のお話し



発表までのこの時期


合否にかかわらず、
勉強以外にも色々と準備をしておく必要があります。




・お金
・仕事
・学習場所
・心身の健康
・人付き合い
・その他



勉強以外に準備というか、解決しておくべきことを挙げてみました。




まずはお金です。


合格していれば、地域や状況に依りますが、
研修等で、ざっと40〜50万円程度はかかります。


認定考査の受験要件である特別研修を含む前提ですが、
研修費用だけで半分程度。

泊りが必要な場合は、宿泊代、その他飲み会代金。


いわゆる新人研修は

全国2か所(神戸、筑波)で実施される中央研修、地域ごとに実施されるブロック研修、
各単位会(都道府県)で実施される研修、認定考査の受験要件である特別研修があります。


中央研修は全国2か所ですので、宿泊する方が多いでしょう。


また、ブロック研修もくくりが割と広いので、通えない場合は宿泊です。
例えば、北海道、東北、関東、東海、近畿等のブロックです。


また、特別研修は1か月程度(平日昼間含む)あるので、
お仕事をしていれば、通うのが大変です。



そんなこんなで、お金の準備、お仕事の準備は早めにしておく必要があります。



今現在働いている方は、それを続けるのも良いでしょう。



現在、ある程度、仕事を選べる状況であれば、
好きなことをするのが一番良いと思います。


合格前、司法書士になる前は、できる限り好きなこと、やってみたかったことに
挑戦してみて良いのだと思います。

もちろん、学習時間が取れないくらい大変なお仕事じゃなければ。


週3〜4日くらいの派遣でもいいですし、生活さえできればアルバイトでも
良いと思います。



今思うと、飲食店や雑貨屋さんで働いてみても面白かったと思います。
大学の頃とは違った視点でお店を見れたと思います。


料理を作ったり、人と話したり、移動したり、身体を動かしたり、web系だったり、
何か好きなことをして一生懸命働くと、経験、人脈が広がり、合格後にも生きてくる

というのが私の考えです。


試験が実務的だからと言って、補助者やらないと試験には不利とか思う必要はないです。



お金と、経験とのバランスを考えた準備をしておきましょう。



ちなみに、私は、学習初期の頃は建築現場で働いていました。
他には、派遣社員で販売員、伊藤塾の教材スタッフ、
それと単発でeラーニングのコンテンツの作成もしていました。


合格する前の年は、一つの仕事で月18万円くらいで、もう一つの仕事がある場合は、
プラス5〜15万円くらいでした。


今思えば、もっと違う仕事をしておいてもよかったかな〜と思います。



家族を養ったり、状況によって様々だと思いますので、何とも言えませんが、
一人の判断で何とかなる場合は、今の時期に好きなことやってしまうのがおススメです。


合格している場合は、年明けから研修の日程が厳しくなってきます。


受験する場合も3月いっぱいである程度お金の目処がつけば、減らせるようなものを
選ぶと良いかと思います。


現在補助者の方はそのままでもいいと思います。
もちろん、ある程度経験を積んだのであれば、今の場所にこだわる必要もないと思います。

大事なのは目の前の仕事は一生懸命やって、円満な状態を創っておくことです。



家族がいる方は難しいですが、参考になる人はしてみてください。
したっけまた(^^)/




司法志士 向田恭平

ラベル:合格後 研修費
posted by 司法志士 向田恭平 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村