2013年06月21日

平成25年度司法書士試験の出願状況について

平成25年度司法書士試験の出願状況について



本年度の出願者数:27,400人
対前年度増減数 :−1,979人
対前年度増減率 :  −6.7%


平成25年度司法書士試験の出願状況について
(法務省)



これは蛇足ですが,
この情報,本日午前中まではアップされていませんでした。


聞いたところによると,本日6月21日午後2時にアップとのことです。


しかも,PDFの作成日が6月17日(月)になっています。
例年は,試験日の3週間前の月曜日,今年度だと6月17日にアップされていました。


もしやアップ忘れてて,今日気づいて慌てて更新したのか,と勘ぐってしまいます。



それは置いといて,
見ると受験者数が減っています。合格者も減る可能性があります。

781人程度でしょうか。



この誰もが苦しい時期に,ちゃんとできている人は少ないです。
それは実感していることでしょう。


さらに合格者が減るということは,こと試験に限ってはプレッシャーに
なるかもしれません。


ただ,余計な不安を感じる方が増えるということは,チャンスです。

自分では左右できない事実については,捉え方,評価の仕方が大事です。

ここで,他の人がプレッシャーを感じ,少しでも足踏みするのであれば,
それはチャンスです。


他の人が不安になるのを横目に,今まで通り目の前のことに集中しましょう。


そういうことの積重ねによって,山村先生が普段からお話している,
「相対浮上」をすることができます。

余計なことをせずに,やるべきことをちゃんとやっていくだけで,
その場に必死にしがみついているというだけで,
いつの間にか他の人が脱落して,相対的に浮上していきます。



合格が決まっているあなたは大丈夫です。



別の視点から受験者数が減ることのポジティブ要因としては,

合格後の活躍しやすさに繋がります。


加えて,
投資用物件を中心に不動産が動いているという実感がある,人が足りない,
ということを,都内の事務所で働いている方の多くから聞いていますので,
尚更です。

成年後見の担い手が少ないのは前から変わっていません。


現場の状況に合わせて,合格者を増やすことも考えられないので,
合格後は活躍の幅が広がります。



さて,最後に
気合入れ講義が明日は東京,明後日は大阪であります。



直前期,貴重な時間ですので,来れない方はもちろん,来れる方でも
無理に参加する必要はないです。

姿は見えなくても,必死にやっていることはわかっています。



ただ,それでも参加してくださる方へ講師全員が最後の直接の応援をします。
(本試験当日は除く)



もちろん,講師以外の伊藤塾の関係者全員が応援しています。
あなたを応援することを仕事にしている方がたくさんいます。


将来の日本を支える専門家,カッコいい司法書士になってくれることを
関係者全員が願っています。


今のあなたの努力の積み重ねが,我々の存在意義であり,
価値を高めてくれています。



私の想いはブログで十分なことを伝えられたと考えていますので,
明日,明後日は,直接的な応援メッセージとはちょっと違うカタチで
応援させていただきます。


今回の目玉は,もちろん司法書士受験生応援団 団長の小山 晃司先生でしょう。



動画等でも観れるので,参加できないけど,どうしても観たいという方は,
後日動画でも良いかと思います。




身近な人も見えないところでたくさん応援していると思います。


すべてのことを力に変えて,最後まで走りぬきましょう!




司法志士 向田 恭平
posted by 司法志士 向田恭平 at 15:46| Comment(12) | TrackBack(0) | 試験情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハイブリッドの在宅受講生です。
先生の講義やコラム、ブログでの温かいコメントに励まされ、
ここまで頑張ってくることができました。
ありがとうございます!!

先ほど気合い入れ講義を聞き、直近過去問のリズムも体感すべきかな...
と少々迷いが生じてしまったので、
アドバイスをいただきたくコメントいたしました。

現在テキスト5周ほど終了し、正答率9割半くらいです。
(苦手分野はもう少し多めに回しています。)

・これから1週間で2回
・6日で2回
・前日に重要部分と心配な部分を確認した上1回
合計10回という計画を立てていました。

基礎知識が不十分で、テキストを回すだけで精一杯だったので、
過去問は25年単年で解いたのと、講義で指定のあった部分を
ピックアップしてやっただけです。

来週は仕事にも出なければならないので、
今の予定に過去問を付加するのは非現実的で、
やるとすればテキストの回数を減らすことになってしまいます。

(こちらでご質問すべき内容ではないかもしれませんので、
不適切でしたら、削除してください。)
Posted by Meg at 2013年06月22日 21:11
あと2週間ですね。
択一の方は3000選を7〜10日間前後で隅々まで読み込む予定です。
不安な所はポストイットを貼って試験直前までひたすら繰り返します。
過去問も民法、会社法以外を解いたので間違えた所を確認していこうかと思ってます。

書式は雛形を確認しながら、オートマチックの書式の問題を解き直す予定です。
(伊藤塾の書籍でなくてすみません)

では良い報告ができるようあと2週間頑張ります。

Posted by 二葉 at 2013年06月23日 00:06
お疲れ様です!
後2週間で本試験ですね。
向田3000選のおかげで模試の択一も良く、本試験でもなんとか勝負できるところまで持っていけそうです。
こんなにいいなら先生のハイブリッド講義受講しとくべきだったとホントに思いました(>_<)
いい報告ができるように最後までがんばります!
ありがとうございました!
Posted by ひろ at 2013年06月23日 21:23
先生、本日は有難うございました。
若干、気持ちで負けかかっていたのですが、先生をはじめ伊藤塾の先生方の熱い気持ちが心に響きました。
残された時間はあまりないですが、素直な気持ちで、楽しみながら、めちゃくちゃやってみます。
ハイブリッドと一緒に頑張ります。大人になってこんな熱い気持ちにしてくれた向田先生、伊藤塾の講師の先生方、本当に有難うございました。
Posted by ぺぺし at 2013年06月23日 21:23
向田先生
土曜日の気合い入れ講義お疲れ様でした。そして向田先生でなければ出来ない相談に乗っていただいて、ありがとうございました。
この期に及んで、単年度過去問いつまでやるかなどと、今から思えば愚かな質問をしてしまいましたが、行って質問しなければ、もっとまずい方向に行ってしまったかも知れません。(物は考えよう、ですね!)
良かったです!修正して進むのみです。やはりハイブリッドが戻る場所です。
応援してくれる人にやるだけやったと胸を張って言えるようにやればいいんだと思っています。
いただいたメッセージは御守りです。
頑張って来ます。
Posted by いちごチョコ at 2013年06月24日 20:54
大阪で受講しておりますおけぃ。です。

お忙しい中いつも貴重な情報やお話ありがとうございます。

特に直前期になって
私はつくづく周りに恵まれてるなぁ、ついてるなぁと感じてます。

当日はそれをプレッシャーでは無く、
たくさんの周りの人たちのパワーを、
なんとなく元気玉を持つような感覚でいきたいと思ってます。

私は1人で戦ってるんじゃないって。

先生もお忙しいかとは思いますが、
当日まで又パワーと勇気を頂ければありがたいです!

そして絶対祝賀会行きます!!
Posted by おけぃ。 at 2013年06月24日 20:58
Megさん

返信遅くなってすいません。
結果的にどちらの学習法をとっても大丈夫です。


無理に過去問を回す必要はないですし、やったとしても必要な知識の射程は
外れていないでの大丈夫です!


期待しています!


Posted by 向田恭平 at 2013年07月06日 15:56
二葉さん

順調ですね!
どの教材を使っていても大丈夫ですよ(^^)

山本先生の教材であれば間違いないです。
ハイブリッドとオートマチックのハイブリッドですね(^^ゞ

自信を持って臨んでください!
期待しています!
Posted by 向田恭平 at 2013年07月06日 15:59
ひろさん


ありがとうございます。
いよいよですね!
3000選をしっかりやってきたので、大丈夫ですよ(^^)

試験後お逢いできるのを楽しみにしています!

Posted by 向田恭平 at 2013年07月06日 16:01
ぺぺしさん


ありがとうございます。
小山先生の歌、最高でしたね!

明日は、緊張も味方につけて、力を発揮してきてください!!
応援しています(^^)/

Posted by 向田恭平 at 2013年07月06日 16:05
いちごチョコさん

もう大丈夫ですね!
期待しています。思う存分、今までの力を発揮してきてください!



Posted by 向田恭平 at 2013年07月06日 16:08
おけぃさん

いつもありがとうございます。
みんなおけぃさんにパワーを送っていますよ(^^)


明日はいよいよ決戦。楽しみにしています!
Posted by 向田恭平 at 2013年07月06日 16:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367087626
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック