2013年04月30日

奇跡のレストラン

奇跡のレストラン

IMG_0871.JPG

先日、日本元気丸という経営者と士業からなるビジネス会にビジターとして
参加してきました。
キレイなお庭がある八芳園で会場の雰囲気もとてもよかったです。

文字通り、様々な業界の元気な経営者がたくさんいて、色々なお話を伺えましたし、
経営者だけあって、話が早いです。

「こんなことできる?だったらお願い。」
「うちはこんなことやってるから。」「今度お願いするね。」等々


それはさておき、なしてそこに参加したのか
講義内ではお話ししたかもしれませんが、最近よく行く仙台と関係があります。

「東京で講演するからきてよ。」

その日は私が関わっている会社の代表の講演がありました。


その方は、六丁目農園というレストランのオーナーです。

関連会社を立ち上げたり、既存会社の登記手続をすべて任せてくれており、ありがたいことに、
私のことを顧問司法書士とか、シンクタンクとか呼んでくれていて、登記の相談にかかわらず
お付合いをしています。


レストランはじめ、カレー屋さん、タイ焼き屋さん、農園等色々と事業をしています。
六丁目農園は、仙台にあるレストランで、何度か食べに行ったのですが、感動しました。

仙台に住んでいる方はご存じでしょうかね(^^)


美味しい。
お店の雰囲気が良い。
スタッフが生き生きしている。
お客様も笑顔で溢れている。

中でも六丁目農園(レストラン)は、立地は最悪で広告宣伝もしていないのに、
予約でいっぱいの大繁盛のビュッフェ型レストランです。

冒頭に写真を掲げましたがお肉もありますが、野菜が中心です。
健康で元気になりそうなものばかりです。

__.JPG
デザート2回に分けて全種類食べました。


店内の様子はこちら
IMG_0873.JPG

店内でバジル等のハーブを育てています。



実は、就労継続支援のA型B型施設でもあります。
つまり、障がい者の雇用をしているのです。


障害者雇用促進法において、今年4月から、雇用者の2%以上は、
障がい者を雇用しなくてはならなくなりました。(今までは1.8%)



その会社は、150人強の雇用者がいるのですが、障がい者の数は、どれくらいだと思いますか?
ちなみに、150人の2%で3人です。






なんと、100人を超えています。3分2以上です。
それで大繁盛のレストランをやっているのです。しかも立地が悪い。

これが奇跡のレストランと言われるゆえんです。



百聞は一見に如かず。
是非仙台にお立ち寄りの際は、予約の上、美味しい料理を食べにいってください(^^)



障がい者が税金で生活するのではなく、障がい者を納税者に。

これが企業の理念です。
でもそれを広告に一切使っていない。
知らないお客さんもたくさん。あくまでも品質で勝負しているのです。
こんな熱く素敵な経営者のお手伝いができるのも司法書士、いや司法志士としての醍醐味ですね。


話せば長くなりますので、今回はこの辺で^_^;



興味がある方は、試験後でもいいので、直接お声掛けください。長いですよ(笑)
それかこちらの書籍を読んでみてください(試験後に)






この渡部社長と相棒の鎌田さんとの関わりが、最近何度も仙台に足を運んでいる理由です。
新会社の設立から、様々な相談、夢の共有をしています。



皆さんがめちゃくちゃ必死になっている5月、6月。
司法志士として、可能性と選択肢を提示できるよう張り切ってやっていきます。


また報告します。
したっけまた(^^)/




サムライの力で日本を元気に!
司法志士 向田恭平

posted by 司法志士 向田恭平 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan-up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村