2013年04月14日

実力診断春の陣(in 京都)と公開模試について

今週の東京、昨日の大阪でのイベント、多くの方にご参加いただきました。
ありがとうございます(^^)

現在、伊藤塾京都校の近く、マエダコーヒー本店でカフェラテとフルーツタルトを食べて
ブログを更新しています。
IMG_0976.JPG


(本当はいちごミルフィーユが良かったのですが、売り切れでした)
IMG_0977.JPG


さてさて、
本日実力診断テストでしたね。お疲れ様でした!




4月のWセミナーの模試、伊藤塾の実力診断テストと模試のシーズンに入ってくると同時に、
それは、直前期に入ったということを意味します。
もっと言うと、受験のクライマックスです。


ちなみに4月のWセミナーの模試、午前19問、午後22問でした・・^_^;
合格した年度は、これを機に学習を開始しました。
(ちなみに前年度は4月連休辺りから)



さて、イベントでもお話ししましたが、模試について。
受ける回数の目安
 3回くらい。それ以上は自由。


目的
 本試験シミュレーション
 締切効果
 弱点の把握、学習の定着度確認




まずは、回数ですが、3回程度は必要かと思います。
逆に、それ以上は、必要ではないです。
それを踏まえた上で、時間や学習進度に合わせて何度でもいいです。

目的を達成することを意識して回数を決定してください。


本試験シミュレーション

文字通り、試験の模擬体験です。
起きてから16時までの約10時間をいかに過ごすか、もっというと、1週間、2週間を
いかに過ごせば、実力を発揮できるか。

何時起きて、何を食べて、何を見て、何時に眠くなって、何時トイレにいきたくなって、
試験中の飲み物は何がよくて、未知の問題に出くわしたらどうなって、記述は10分で
どれくらい書けて、どれくらい焦って、どれくらい緊張して、どれくらい周りのことが
気になって、どの程度眠くなって、どの程度お腹が減って。
解く順番、時間配分、手の疲れ具合、色々と試して経験してみてください。


情報、知識の記憶は7回の繰返しが目安になりますが、
シミュレーションの目的の場合は、経験、体験なので、修正と検証を考えても回数は、
3回程度でオッケーです。


ちなみに、午後の部の時間配分の目安は、(かなり)大雑把に
択一60 記述各60

さらに、択一は、
民訴〜司法書士法 約11分
不動産登記法   約30分
商業登記法    約15分
マーク      約 3分
これで約60分です。
年度ごとの形式や難易度や記述の分量、得意不得意によっても増減はしますので、
あくまでも目安です。



次に締切効果
 直前期長いようで短いようで長い3か月

学習の対象を、模試の日を一つの締切として、学習の目安にする。
次の模試までに、ここまで終わらせておく。
という感じで。答練も受けている方は同じような効果を意識してください。

締切がないと、なかなか夏休みの宿題のように、後回しにしがちです。
その意味で、各校の模試のスケジュールを見て、適切な期限を設定するためにも、
模試のスケジュールを決定してください。

迷ったら、本試験会場の実施があるか、大学会場を設定しているか、規模が大きいかの
順で選べばオッケーです。

伊藤塾以外では、レックさん、Wセミナーさんの中から、選べば間違いないででしょう。


最後に、弱点、定着度の確認
これは
・やったはずなのに間違えた、曖昧だった
・知らない知識を知っていると勘違いして判断した(知ったかぶりをした)

という確認です。
さらに、
・未知の問題に対して、知っている知識をどう活用すれば正解できたか
という解答プロセスもできれば確認しておきましょう。


決して、新しい情報を入れるとか、予想問題がどうとかってことじゃないです。
あくまでも、学習してきたことの定着度合を図る。
やったはずなのにできていない部分が、一番合否に影響します。最優先です。


本試験当日、知らない知識は、まずは知らないと判断できればオッケーです。
そこで即失点にはなりません。
一方で、知っているはずの知識を勘違いして判断しては、即失点に繋がる確率は
非常に高いです。 

本試験は正答率50%以上の問題をすべて正解すれば合格できます。
肢レベルでは、知っているはずで曖昧だった部分、問題レベルでは、
正答率60%以上の問題の復習をしておけば十分です。

模試は、癖があるので、繰返しその学校の問題を解いている人は、難しい問題でも
正解してしまうからです。


記述式の復習は・・・イベントの配信を聴いてください^_^;



これらのことを考えると、回数等が決まります。
今年度の模試の問題全部手に入れてやろうとか、一週間に2回以上受ける必要もありません。

たくさん受けないと、受けていない模試の問題が本試験に出たら・・・というのは、
不安で、学習対象を決め切れていません。効率もよくないです。

学習が追い付いていなかったり、時間がない人ほど、陥りやすいのですが、
それは、不安がそうさせているのです。



気持ちはわかります。でも、目的を間違えてしまっています。

模試の問題で記述式の的中は確かに大きいかもしれません。
ただ、模試で解かなくても、普段の学習の範囲内のはずです。
そして、予想問題なら、蛭町先生の予想問題を解くのが一番効率が良いです。


普段の通常の学習が大事です(^^)
大丈夫。模試の問題は本試験の問題じゃないです。作り方も若干違います。
それに惑わされず、ブレずに本試験当日に合格点を取ることをメインに考えましょう!




講義が一通り落ち着いたので、京都でゆっくりしてから帰ります(^^ゞ
最後に、皆さんの覚悟が決まった顔が見れて良かったです。

楽しみにしていますし、期待しています。
十分合格に値するだけの努力をしてきました。

人と比べる必要はありません。主観的に合格を決めればオッケーです!
イベントに出席した方は、あなたの合格は、イメージはワールドカップ出場レベルです!
それくらい、合格も当たり前に考えてください(^^)


したっけまた(^^)/



司法志士 向田恭平


ラベル:公開模試 回数
posted by 司法志士 向田恭平 at 17:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
向田先生、ハイブリッド講座お疲れ様でした。
ちょっと質問よろしいでしょうか。

ハイブリッド685ページの会計監査人の欠格事由のAは
「子会社若しくはその取締役」とありますが
会社法337条3項2号には「株式会社の子会社若しくはその取締役」とあります。

これはつまり「その」は「株式会社」を指すのではなく「子会社」を指すという意味で、
わざと「株式会社」の語句を記載しなかったということでしょうか。

しかし、「株式会社」から監査業務以外の報酬を得ていれば、その会社の会計監査人に就任できるはずはないと思います。

どのように考えればよいのかご教授お願いします。
Posted by ゴリョウカク at 2013年04月14日 21:52
向田先生、お疲れ様です。

模試は3回でもいいんですね!
今まで7回くらい受けなくてはいけないと思っていたので
非常に勉強になりました。

コーヒー屋さん、珍しい入口ですね
京都だからですかね^^
タルト美味しそうですね
Posted by 塾生05 at 2013年04月14日 21:59
向田先生、

こんにちは!
京都は暖かくなりましたか??
長文になりますので、読んでいただかなくても大丈夫です。
実力診断テスト受験して、誰かに感想を伝えたくて仕方ないので
書きます。笑。

さて、実力診断テストですが、
本試験の分量と時間で受験するのは実は初めてでした!笑。
いつもの答練とはまた違った感覚でしたが、ケアレスミスなく
終わることができました。

モンダイの択一は…やったところはとれたけど、
それ以外は残念すぎる結果とお伝えしておきます。笑。

ともあれ、課題も見えたし、ほんのほんのほんのほんの
少しだけ自信もついたので、本試験までがんばります!

先週中ごろまではウルトラプレミアムダウンが活躍するぐらい寒かったと
京都に住む妹が言ってました。
東京都の温度差がすごそうですので、お風邪をひかませんよう。

#前田珈琲は高校生の頃から愛用の喫茶店です。
 いつもホットミックスサンド食べてました。
 明倫小学校の中の店もきれいなのでおすすめです。
 ノート屋さんの近くですよ。
Posted by moldman at 2013年04月15日 08:18
ゴリョウカクさん

内容の質問は、伊藤塾が誇るメール質問受けにしていただければと思います。迅速丁寧に回答してくれます。
ここでは、質問の量が際限なくなってしまうのと、私的にやっているので、毎日見てはいない等のことがあります。また、交流の場と捉えていますので。


今回は、簡単な回答とさせていただきます。

当該会社から監査業務以外の報酬を受けている場合は,337V@に該当します(公認会計士法24U,公認会計士法施行令7TEF)。 337VAは公認会計士法の規制を,子会社にまで拡張する趣旨です。

Posted by 向田恭平 at 2013年04月22日 19:52
塾生05さん

回数は何回でも大丈夫ですよ(^^)
京都は素敵なお店が多いですね!機会があれば是非足を運んでみてください。
Posted by 向田恭平 at 2013年04月22日 19:53
moldmanさん

感想ありがとうございます!
やっていない部分は取れなくていいですよ。
やった部分を確実に取れることが重要です(^^)

私が行った日は京都はとても暖かく、春の陽気でした(^^)/
明倫小学校の中にもお店があるんですね!!
今度行ってみます!



Posted by 向田恭平 at 2013年04月22日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村