2013年01月31日

仙台の報告

しばらく更新しない間に、色々なことがありすぎて、
何から伝えればいいのか

わからないまま時は流れて 

浮かんでは 

消えていく


ありふれた言葉だけ♪



ってのは置いといて(^^ゞ


さて、先週実施した仙台での無料相談会の報告です。感想に近いかもしれません。
備忘録的に書き連ねていきます。


東北の起業家の支援ということで行ってきました(^^)/

IMG_0714.JPG



私は前日入りして、仙台の友人(高校の同級生)の家に泊まりました。
仙台に立派なお家を建てて、家族も5人いて、一番上の子は10歳。
この10年間でこんなに違いが。俺もがんばろっと。


当日、税理士二人と現地にて合流。
どんな人が来るんだろうとドキドキ。


農業、イベント、飲食、観光、町おこし等の事業をやっている方が相談にきてくれました。
地元を元気にしようと、地元の農産物を広めたい、地元の美味しい食材を使ったお食事を
してほしい、東北にたくさんの人が来てほしい。

という熱い想いを持った人たちばかりでした。
若くして(20代)、一般法人だったり、NPO法人の理事、個人事業主として飲食店を
経営している方たちのパワーに刺激を受けました。
そして、こんな人たちの役に立ちたい。


色々と、専門知識がないので、事務処理に困っているという悩み、今後、収益化し、
継続していくにはどうしたら良いのか。という悩みが主でした。

補助金はあと3年も経つとどうなるかわかりません。
継続できる形にしなくてはいけません。


士業は、専門知識を提供し、本来やるべきことに集中してもらうこと、
人と人とを繋げることが重要なんだと思います。

自分で全部処理しようとすると本当に難しいです。
農業の専門家が、法務、税務、営業、収益のシステム化、人脈の活用を全部できる
必要はありません。

それぞれが分担して、力を合わせて、それぞれの弱みを、それぞれの強みで補う関係を
創れたら最高です。


そんな一つのきっかけ、第一歩になった仙台でした。
実は、次に向けての動きが出始めています。
動くことにより、何かを引き寄せることができるんだと思います。

詳しい様子を聴きたい方は、講義後に直接どうぞ。


今週末は、名古屋に行きます!
これは伊藤塾のイベントです(^^)

司法書士の仕事と試験問題を知ろう!
〜相続の依頼、相談、報酬の流れのイメージと本試験問題のレベルを体感〜


実際のリアルなやつをお伝えしていきます。お楽しみに(^^)/

したっけまた(^^ゞ


北海道代表 
司法志士 向田恭平
posted by 司法志士 向田恭平 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan-up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村