2012年11月20日

顔と名前と司法志士

自分の顔知っていますか?

自分の顔って自分が一番知らないかもしれません。
自分が毎日見ている顔は、ある一定の角度、場所で見ることが多いです。
鏡の前で、部屋の中で。後ろや横、斜めから見ることは少ないです。

でも、他人が見ている姿って、正面からじっくり見るのは稀ですし、
場所も蛍光灯のしたばかりではなく、色々な場合があります。


普段お付合いのある人は、事業主や経営者の方が多いのですが、そのうちの一人、
「プロフィール写真作家のマノユキオさん」に写真を撮ってもらいました(^^)


100枚の中から選んだ1枚がこちら




向田恭平様001.jpg


こちらって・・・・。
ブログで自分の顔を出すのって、アイドル(三枝先生含む)くらいかと思っていましたが、
自分でやっちゃってる(笑)

最初に講師という志事、司法書士という志事を選んだ際からの覚悟があります。
それは、自分の顔と名前を出して志事をするということです。

自分の顔と名前を出して、自分の顔と名前で志事をしているという矜持。
独立するしないにかかわらず、司法志士には必要なことでしょう。


さて、上記の写真、自分としては、あまり見慣れていない顔です。
ただ、周りの方に聞くと「いつもそんな顔してるよ。」って。

じゃあそうなのか(^^ゞこんな顔を出して生きているのか〜。
自分の笑顔も知らずに「常笑志幸」(じょうしょうしこう)が信条
とか言ってたのが恥ずかしくなりました^_^;

とか考えながら合計300枚の中から3枚選びました。
その際に、何度も自分の笑顔の写真を見るので、最初は恥ずかしかった自分の笑顔に
違和感がなくなってきます。良い笑顔持ってるっしょ。という風に。

不思議なものだな〜と思いました。


自分のことはなかなかわからないですね。
嫌な部分ばかり目が行ってしまうので。


勉強も一緒です。
ダメな部分は、自分自身よくわかってるので、そこにばかり意識がいってしまいます。
そうじゃなく、できている部分の方が多いはずです。
できない部分をできる部分と同じようにするため少しずつ改善し、
できる部分を増やしていけばいいのです。

着実に積み重ねて前に進んでいきます。



最近、心理学、脳科学、言語学(いわゆるNLP)を学んでいます。

うまくいく、いかないというのは、能力なんてあまり関係ない。
脳の仕組みを理解しているかどうかが、もの凄く影響していると実感しています。

目標に向かって頑張る方をたくさん見てきて、改めてそう思います。
正しい順番、正しい方法で、継続すれば、うまくいきます。


自分のことはよくわからなくても、他人から見るとわかることがたくさんあります。
講義後でも、ご相談の時間がある方は、遠慮なくお声掛けください。


今後の予定は、以下の通りです。
無料公開講座
記述式コアデータ リアル解析講座予告編
 〜リアル実況中継と手口分析の手口〜
【2012/11/23(金)14:00-17:00 東京校
2012/11/26(月)18:30-21:30 大阪梅田校



仙台、広島にも行きます(^^)/
記述式の「リアル式解答法」と1日司法書士体験です!

2012/11/25(日)11:00-15:30 代ゼミ仙台校

2012/12/1(土)11:00-15:30 代ゼミ広島校



体感! 未出判例で学ぶ合格コア知識と合格スキル 〜ハイブリッド学習法による合格戦略〜
2012/12/8(土)18:30-21:30 大阪梅田校
2012/12/15(土)19:00-22:00 東京校




自分がどう思おうと自由です。ただ、できている部分はちゃんと認めていきましょう。
ちゃんとやったかどうかです。能力や環境のせいにしていては進めません。
自分のやるべきことをやるべきときにやりきろう!

したっけまた(^^)/


司法志士 向田恭平


posted by 司法志士 向田恭平 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村