2012年11月14日

金融から学ぶ 民事法入門

昨日は、神宮前と渋谷と東日本橋で用事があったので、
自転車で神宮前→渋谷 電車で東日本橋と移動しました。

渋谷に自転車を置いて東日本橋への移動だったのですが、その際に
自転車で渋谷スクランブル交差点を2回渡りました(^^ゞ

歩きの感覚で道を選んでいたので・・・大丈夫かと思いましたが、
意外にぶつかりもせず、危険なこともなく通りぬけられるものですね。


さて、今回は、書籍の紹介



受験に直結する本ではありません。
合格後に時間を持て余している方はどうぞ。

司法書士試験で出題される民事系の法律は、保全法以外ほとんど出てきます。
読みやすいのでおススメです。


一つの問題を解決するためには、様々な法律が登場きます。
消費者契約法等の特別法も頻繁に出てきます。

そして、特別法がなければ、やはりよりどころは基本法である民法になります。
そんな感じで書いてある本です。そして、実際にそうだと思います。


もっと言うと、問題を解決するよりどころは法律ではないことが多いです。

昨日、社員を20人程抱える社長さんと現場重視の社労士の方と
お話しをして改めてそう感じました。


問題を解決する際には、法律はいつも後付けです。
でも後付けができないと、真の解決は難しいです。
法律を使わないで解決するためには、法律の知識が必要です。
これは法律に抵触しないよ。って消極的意味での。

「これはやっちゃいけない。」

ではなく

「ここまではやっていいよ。」
「同じような結論でも、手段を変えたらできるよ。」「このやり方だったら大丈夫だよ。」

というのが、私なりのコンプライアンスの考え方です。
常に問題解決の方向に向かっていくのが本当のアドバイスなのだと考えています。


いつも、どんな状況でも、わがままに自分のやりたいことに対して、
(たまにルールを無視して)屁理屈を言い続けてきたので、
それが役に立っているのでしょうかね(笑)

したっけまた(^^)/


サムライの力で日本を元気に!
Japan-up 代表 司法志士 向田恭平

ラベル:民事法 金融
posted by 司法志士 向田恭平 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村