2012年07月07日

大阪分析会へ

皆さんたくさんのコメントありがとうございます(^^)
前向きな皆さんに、元気と勇気をいただきました。




すべて読ませていただいていたのですが、本試験分析に
没頭していてそのままになっています。

後ほどすべてのコメントに返信をしていきます。


さて、何をしていたかというと、もちろん本試験問題とにらめっこ。
色々なデータとにらめっこ。

択一の本試験と過去問、本試験とクライマックスの照らし合わせ、
記述式の検討、今後の対策やテキスト改訂の方針等を検討していました。

講師陣とのやり取り、周りの優秀なスタッフとともに検討したりと
色々と楽しい時期です。


本試験との各対応の資料としては、
大坂13日(金)、東京14日(土)の中級説明会、
京都15日、名古屋16日、札幌21日の本試験問題分析会で
配付する予定です。

東京の中級説明会は無料ネット配信をするので、参加できない方は
そこから資料をご確認ください。

詳しくはその時にお伝えしますが、例年通り、大分取れますね。

1問、1点が大事な試験なので、大分では済まされないかも
しれませんが、一つの教材としては、効率が良いものになっています。

ただ、他にもテキスト等で補う必要はあります。
「過去問だけで大丈夫」は、活用法、やり方を工夫した上に
成り立っているので、半分本当で半分嘘です。

クライマックスも同様です。
いきなりそれだけでは難しく、前提として基礎講座、入門講座、
基礎テキストの学習があって初めて生きてくるのです。


今年度から講座の組み立てが変わっています。
その説明も分析会が落ち着いたらブログにアップしていきます。


今さらですが、基準点の予想しておきます。
午前28問、午後26問、記述式38点。

記述式は点数の予想はあまり意味がないと思っています。
択一式が高いので、ちょっと下がるかな。という勘です。

もちろん、ここ数年の難易度を相対的に判断し、
加えて、受験生の声を聞いての判断です。

点数というよりも、
@不動産登記の名変飛ばし、
A商業登記の役員の崩壊、
B登記することができない事項の判断
Cその他減点の累積(6か所以上)

上記のうち、役員の崩壊はそれのみ、
他(A〜C)は、二つまでは許容かと思います。

つまり、役員が崩壊したら、@名変、B登記できない事項
Cミスの累積は避けておきたいところです。

逆に、役員が崩壊していなければ、@名変、登記できない事項は
落としていても、基準点に乗るでしょう。
ただ、その場合、減点の累積は許されません。

登記原因の間違いや、数通の添付書類のミスは気にする必要は
ありませんが、できれば5か所以内にとどめておきたいところです。

ともあれ、分析会でお会いしましょう。
(私の出番は少ないですけど)


司法志士 向田恭平
ラベル:基準点
posted by 司法志士 向田恭平 at 11:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 試験対策・勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
質問です。

不動産登記の2欄わくずれは2件目を1件目に書いてしまった場合、0点と評価すればいいのでしょうか?
Posted by ともや at 2012年07月07日 12:31
こんにちは。質問なんですが、択一午前30問、午後28問取れましたが、記述式は足きりギリギリの点数なら合格はできないでしょうか?

総合点の予想などしていただけたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。
Posted by 受験生 at 2012年07月08日 12:56
ともやさん

その場合は、残念ながら0点と評価することになるでしょう。
書いてあるべきところに書いてあるかどうかだけで採点をします。
その方が、主観が入らず客観的な採点となり公平だからです。
Posted by 向田恭平 at 2012年07月09日 23:20
受験生さん

択一は十分な貯金がありそうです。
ただ、合格できないかどうかは蓋を開けてみないとわかりません。
記述式は、基準点プラス数点必要だと推測します。本当に数点なので、3〜4点です。択一式は、基準点プラス6問程度あれば、記述式は基準点超えでOKだと思います。

択一式の基準点が高い場合は、必要な上積みは少し減る可能性があります。
Posted by 向田恭平 at 2012年07月09日 23:25
質問させてください。
商登記述で合併できないと判断してしまった場合は、どの程度減点されますか?
移行、役員はほぼ書きました。
あと、不登1欄も内容はほぼ書いたのですが、120字以上というのを見過ごしていたため、120字以下で書いてしまいました。これは0点でしょうか?
Posted by AO at 2012年07月22日 18:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村