2012年04月19日

ノルマを決めよう 記述式

今回の内容を読むのに必要な時間の目安:1分
内容:記述式のノルマ
内容を実行するのに必要な時間:10分程度
前回の内容はこちら

どれくらいでしょうか?決めちゃいましょう。



理想は?1日2問。ですけど・・・。
必ずしもそうじゃなくてもいいです。


サンプルのノルマを入れておきます。


伊藤塾生の標準的なお話。
スキルアップ:1か月で回す。
答案構成・リアル:1日1問(不登法、商登法交互に)
うかる!記述式:週1問(講義直後に復習することは当然です)

うかる!記述式は、直前の1週間は1問ずつ。

後は、公開模試とかの問題も入ってくるでしょうか。
復習は必要ですが、ローテーションに絶対入れる必要はないです。
こんなのが出てるな。と確認は必要ですけど。


さて、蛭町先生のうかる!記述式 いよいよ開講します。
直前の演習は緊張感ありますね。
的中という意味でも、訓練という意味でもこれを超える講座はないでしょう。



本当に大変な時期です。
今、大変ですか?大変で当然です。不安で当たり前です。
不安も緊張も絶対にあります。避けられません。

不安だったら大丈夫。緊張してたら大丈夫。


避けるのではなく対策を!



サムライの力で日本を元気に!
JAPAN-UP右矢印2


向田 恭平

posted by 司法志士 向田恭平 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験対策・勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村