2012年01月14日

中島美樹先生 朝カツ絶対合格ゼミ!択一編

皆さんおはようございます(^^)/

今日は朝早いです!

朝から
402191_210083762414207_100002377534200_423637_1658359230_n.jpg
どら焼きと


388181_210884919000758_100002377534200_425164_521096822_n.jpg

モリンガティーをいただきました。
美味しい(^O^)


さてさて,さっそくミキティこと中島美樹先生よりメッセージをいただきました。


中島先生は,相当根性があります。
本日も夜遅くまで質問受けをしていて,その後書いてくれたと思います。

送ってくれたのが,なんと先ほど,朝の3時!



では,お待ちかね。中島先生です。

はじめまして,中島美樹と申します。

先日,向田先生からお知らせがありましたが、
この度,向田先生,坂本先生,田中先生と共に,
『朝カツ絶対合格ゼミ』という新しい講座を立ち上げることになりました!

私は,東京校と御茶ノ水校を担当させていただきます。


記述式についてはすでに向田先生がお話してますので,
私からは択一ついてと講義の効果について少しお話を。


@早い解答スピードに慣れる

択一は,演習時間40分間で午前は20問,午後は25問解いていただきます。
単純に本試験の問題数に引きなおすと,午前は70分,午後は56分で解く感覚です。

この解答スピードは結構早いですよね。

解答スピードが上がれば,見直しの時間が増えたり,記述に充てられる時間が
増えたりと,いいことがいっぱいです。

ただ,圧迫した演習時間で解くと,普段はしないような判断ミスや
問題分の読み飛ばしをしたりします。
それを防ぐには自分がいかに気をつけるかであったり,「慣れ」であったりします。

そこで,朝カツゼミでは,ミスを減らす自分なりの戦術を試してもらい,
この解答スピードに慣れていただきます。



A「演習→弱点発見→その日のうちに自分で学習」のサイクル確立

わからない箇所について講義を聞いただけと,講義後自分で調べたのでは,
どちらの方が記憶に残りやすいでしょう。

もちろん講義後に自分で調べたことだと思います。

「自分でわかない箇所を把握
 ↓
 自分でテキスト等を確認
 ↓
 納得する・記憶する」

当たり前のようですが,このサイクルが出来れば弱点克服ができます。

朝カツゼミでは,演習で「自分でわかない箇所を把握」をしていただき,
「自分でテキスト等を確認」の前に,講義で解答のポイントをお伝えします。
それをもとに,自学で弱点補強のサイクルを作っていただきます。

しかも,演習は朝やりますので,確認はその日のうちに出来るんです。
弱点を次の日に持ち越さないことは,時間のない直前期には大事なことです。



B全科目のバランスをみることができる

直前期に入ると,科目間のバランスを合わせる必要があります。

択一11科目+記述2科目もあるわけですから,
科目の出来に偏りが出るのも無理はないです。

しかし,それでは本試験で戦えません。
本試験では全科目がバランスよく得点できる必要があります。

4月の短期間で全科目を演習して,バランスを確認し,
もしバランスが崩れているのであれば,残り2か月で修正することが必要です。


と,いろいろ書いていたら長くなってしまいました。


とにかく!朝カツゼミの効果はいっぱいです。
朝から向田先生にも会えちゃいます。


今年絶対に合格したい方,朝から本気で勉強したい方,
朝から向田先生に会いたい方,是非お待ちしております!!


私も朝はあまり得意ではありませんが,みなさんと一緒に頑張ります!

『朝カツ絶対合格ゼミ』で勢いをつけて,直前期を駆け抜けましょう!



早起きBGM
会いたかった/AKB48



私もSPEEDをカラオケでよく歌ってました。
ですが,最近はもっぱらAKBです。

朝カツゼミでみなさんに「会いたかった」と言えるのを楽しみにしています!

それでは、また。



中島美樹



posted by 司法志士 向田恭平 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村