2011年11月12日

2011年11月11日 その時歴史は動いた

その時歴史は動いた

震災から8か月 TPPの交渉参加表明
司法書士受験界の変革


後々振り返ると,転機になるかもしれないです。


巨人の清武代表の単独会見 サッカー日本代表の勝利
もそうですが,何よりも今の関心事は,やはりTPP




これは大きな転機になるでしょう。


交渉への参加は,避けられないので,予想通りだし問題ないと思います。


問題は,TPPそれ自体への参加表明です。

これに参加したらえらいことです。
物凄く影響はあります。

法律の分野においてもそうです。
国をまたいで物流や契約等の経済活動が盛んになれば,それに付随する
法律の問題がでてきます。

適用法令,裁判籍はどうする?それに対応できる法律家は?


明治維新,戦後に匹敵するくらい大きな転換点になるかもしれません。



TPPの参加自体というよりも,どういう状態で参加するか。
それが重要です。
外交でうまくいったのを見た記憶がないので,心配です。



ただ,こんな時代こそ燃えますね。


時代の変化や新しいこと,未知のことは怖いです。
手放しで歓迎できる状況ではありません。


それでも,そんな状況をわくわくドキドキして未来に向けて
力を付けながら進んでいけたらと思います。



空に唄えば/175R


自分のできることをできる限りして,何かを残していきたいと考えています。
司法志士を増やし,日本を元気にしていきたいです。



司法志士 向田恭平


ラベル:震災 TPP
posted by 司法志士 向田恭平 at 03:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに参加すると法律改正の可能性が大きくなりますね。。。。

改正で思い出したのですが民法の債権が大きく改正されるとの話がありますが対応としてどのように勉強していけばいいでしょうか?

Posted by 福岡人 at 2011年11月12日 19:43
参加することは避けられないと思います。
できる限りいい条件で参加する方向に早めにシフトした方が
個人的には良いと考えています。

さて,改正についてですが,債権法の改正はまだまだです。
親族でちょっとだけ改正がありました。

試験的に影響ある部分は5分くらいで確認できます。
今度(試験までには)アップしていきます。

気長にお待ちください(^。^;)
Posted by 向田恭平 at 2011年11月16日 03:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村