2011年11月05日

もしも向田が今年度の合格だったら(合格後何をするか)

週末は合格祝賀会ですね


合格後に何をするか。
受験時代から考えていた人もそうでない人も,
そろそろ進路を決定する必要があります。

今の時期を有意義に活用しましょう(^^)


私が合格した2007年度は,各指導校の合格祝賀会はなく,
伊藤塾の合格祝賀会くらいでした。


そこに参加した私は,次のように宣言しました。


講師になる 法教育の実践をする


そんなことを宣言しました。



合格後,というか試験後は,発表前に旅行に行きました(エジプト)。
他にも色々とやりたいことがあったのですが,全部はできませんでした。

ここからの時間はあっという間です。



さてさて,講師にならなければ,合格後何をしたか。


研修は当然参加します。
現在補助者や既に仕事がある方は,それを続けることになるのでしょうか。


私だったら,研修中に新たに補助者という選択はしません。
研修が終わってからにします。

焦って事務所に,という考えはないです。


私の同期,そして,その後の合格者で事務所が決まっていないという人は
一人も知りません。

渡り鳥のように事務所を変える人もいました。


焦る必要はないです。


私だったら,飲食店でバイトするか,イベントのアルバイトか
派遣かなんかで大きい企業やIT企業で事務等の仕事をするか
旅行会社(添乗員)とか 小さいお店(雑貨屋さんとか)
マックとか


そんな感じだと思います。


同期の中には,早くから補助者をやって,色々と教えてくれる人が
いたのですが,最初の半年くらい早く仕事を覚えて,半年くらい早く
独立しても,長い目で見て,大差ないと感じたからです。


そうであれば,今のうちに,全く違うことをして,何か経験しておいた
方が良いと考えているからです。

何かを学ぶことはできるはずです。
今まで経験をしていない,今後なかなか経験しない業種とか,
その友達,仲間とかは,非常に貴重だと思うのです。


ある程度の保証があって,一定期間何かをできる時期って今後なかなかないと
思います。

どうせなら,独自の何かをしたいと思います。


これからずっと司法書士でやっていこうという方なら尚更かな,と思います。


周りに流されることなく,今から個人事業主として,自分の考えを持って
貫いていきましょう。


状況が許さない場合や,即独立の場合は,また別の考えがあると思います。



色々あるうちの一つの考え方だと思ってください(^^ゞ

したっけまた。




向田恭平



posted by 司法志士 向田恭平 at 03:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳥取のKです。
質問ですが、新しく買った六法の使い方ですが、どの様に使われましたか?
一昨日三重の合格者の村上さんに六法にかなり書き込みがあり、情報集約してありました。
自分はあくまで六法は辞書として使い、登記法以外は合格ゾーンの解説の掲載条文、判例に出た回数が分かるように正の字を書いてます。
合格者の使い方はそれぞれあると思いますが、合格者の先輩として教えていただけませんか?
よろしくお願いします。
Posted by ラ•ボンバ at 2011年11月06日 12:53
鳥取のKさんコメントありがとうございます。


おっしゃる通り六法の具体的な使い方は,様々です。
それよりも,何のため,なぜやるのかを明確にすることが大事です。

六法の使い方は前に書いたかもしれませんが
せっかくなので改めて近々アップしますね(^^)

しばしお待ちください。

Posted by 向田恭平 at 2011年11月07日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村