2011年10月04日

非嫡出子 の相続差別は 違憲 …大阪高裁で確定

非嫡出子 の 相続差別 は 違憲 …大阪高裁で確定


95年に出された判決とはことなる結論になりました。


非嫡出子の相続分が,嫡出子の半分というのは,半人前と言われてるような
ものですし,親子の関係と子ども間の関係は別です。

生まれで差別される結果になるのは妥当ではないと考えます。

当初から反対意見や批判がある判決です。



今回は,高裁で確定したので,最高裁にはいかないです。

当事者にとっては,裁判が長引くことは避けたほうが良いし,
実際にやるとなると大変なのだろうけど,最高裁で判断して
ほしかったなぁ。


残念。と言う気持ちはあります。
本音では。

当事者の立場だったら,

「何をそんな勝手なことを。もう裁判は疲れました。」

という気持ちでしょう。
非嫡出子が敗訴していたら,最高裁までいったでしょうか。




非嫡出子 の 相続差別 は 違憲 …大阪高裁で確定



法的に未婚の男女間の子(婚外子=非嫡出子)の遺産相続は、夫婦間の子(嫡出子)の半分とした民法の規定について、大阪高裁(赤西芳文裁判長)が、遺産分割を巡る家事審判の抗告審で「法の下の平等を定めた憲法に違反し無効」との決定を出し、確定していたことがわかった。

 最高裁は1995年の決定でこの規定を「合憲」としており、非嫡出子側の弁護団によると、95年以降に高裁が違憲判断をしたのは初めて。

 弁護団の大谷智恵弁護士によると、この家事審判は、2008年に死亡した大阪府の男性の遺産を巡る争いで、男性の妻と、嫡出子3人、非嫡出子1人が当事者。大阪家裁は今年4月、民法の規定に沿った遺産分割を命じ、非嫡出子側が不服として、大阪高裁に抗告した。

 同高裁の8月24日付の決定は、この規定について、「法律が非嫡出子を嫡出子より劣る地位に置くことを認めれば、差別を助長しかねない」と指摘。95年の最高裁決定後、婚姻や家族の在り方が変化し、国民の意識も多様化したとして、「嫡出子と非嫡出子の区別を放置することは、立法府の合理的な裁量の限界を超えている」と結論付け、嫡出子と非嫡出子の相続割合を同等とした。


最終更新:10月4日(火)13時30分


今後,高裁レベルで同様の判決が出れば,それはそれで,法律が変わるでしょう。
最高裁じゃなくても,違憲審査はできますし,違憲判決だって出せます。


誰かが犠牲になって人生の大半を費して,最高裁で争わなければいけない。

そんな必要は必ずしもないでしょう。



さてさて,明日は,魚釣り講座の開講です(笑)
再起をかけ,基礎から見つめ直そうというセンスの良い皆さんと一緒に
前向きに,楽しくできればと張り切っています!


それではまた明日(^^)/


向田恭平

posted by 司法志士 向田恭平 at 22:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 判例先例等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
向田先生こんばんは。昨日、成績通知が来ました。
これで、ようやく合格したことを確信できました。
記述の出来がよくなくて、合格発表の日に自分の番号が
あったことが信じられませんでした。

今年の記述の採点は甘いのかな?

択一に関しては、クライマックス講座のおかげで、
高得点をとることができました。ありがとうございました。
Posted by トラネコ at 2011年10月05日 20:49
トラネコさん

おめでとうございます(^^)
嬉しいご報告ありがとうございます!

あの厳しいスパルタ講座をよく耐えていただいたんですね(笑)
私も励みになります。
是非祝賀会でお会いしましょう。

記述式の採点は,思ったよりも点数が高いんですよね…。
答案を集めて分析していきます。
宜しければご協力お願いします(^^ゞ

何はともあれおめでとうございます\(^o^)/
Posted by 向田恭平 at 2011年10月06日 13:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村