2011年10月03日

魚の釣り方を学ぶ講座

魚の釣り方を学ぶ講座 (基礎力養成答練)


老子の言葉「授人以魚 不如授人以漁」


魚を与えればその場の飢えはしのげる
魚の釣り方を教えれば,一生食べていける

というような意味だと理解しています。


今回の講座は魚の釣り方を身に付けてもらう講座です。
もちろん魚釣りは比喩ですので,釣り好きの人を対象としていません(^^ゞ






基本知識を本当に理解しているのか確認していきます。
問題を通じて制度趣旨を説明しながらの確認となります。

それに加えて,持っている知識をどのように使うのかを実践していきます。
解答力をつけることは,知識と思考力をつけることと同義です。


学習の結果としてこの知識を覚えた。
というのは,分かりやすいです。

一方で,思考力は無形なので,目には見えにくいです。

しかし,知識だけを覚えればそのどんぴしゃ問題は解けますが,
未知の問題(合格レベルの知識量でも毎年7問程度出ます)への対応する力は
別途つけなければなりません。


コアの部分をしっかりと固めていきます。
真ん中を固めるイメージです。


もちろん,知識の広げ方もお伝えします。
ポイントは,知識そのものではなく,方法を伝えることです。


これらを年内のうちに身に付ければ,年明けからの学習も
ばっちりです!

独力で学習するにしても,演習講座を受講するにしても
効率的に学習をすることができます!


決めなければ始まりません。始めなければ終わりません。
実力者が油断したり,立ち直れてなかったり,やれていないこの時期に,
できる限り先に進んでおきましょう!



今までの知識の解説をするだけの過去問講座,演習講座とは違う新規講座

基礎力養成答練は,10月5日(水)開講です。

初回は無料体験ができるので,ご興味がある方は是非!



知識はもちろん,解き方,学習の仕方(魚の釣り方)を
問題を通じて身につけていきます(^.^)


本当の魚の釣り方は,釧路や札幌(実際は小樽)にいたときに
父親に教わりました。


講座では一体何をするか?
具体的なお話は別の機会にお伝えします。




向田 恭平


posted by 司法志士 向田恭平 at 15:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村