2011年08月25日

登記は好きですか?Aそれぞれの答え

登記は好きですか?


はっきりと答えられますか?


なにも登記を嫌いな自分を否定する必要はありません。
私もそうでした。それに悩んだこともありました。
それを受け入れて答えを見つけていきましょう。


普通に生きていて,好きなら相当向いています。
地図だったり,古い物が好きな方は親しみ易いでしょうか。




私に登記の面白さを教えてくれたのは,間違いなく蛭町先生です。
登記それ自体が面白い,興味深いというきっかけを与えてくれました。

面白いからやる。非常に大事なことです。
ただ,面白みを感じるには,ある程度学習が進んだり,問題が解けるようになったりと
何かきっかけがあった場合でしょう。


登記をやる。訴訟をやる。というように,「何をやるか。」
ばかり考えてしまうと,迷い,悩んでしまいます。

そこで,「なぜ?」から考えています。


以前,なぜ司法書士の資格取得に向けて学習しているのか?を考えてもらいました。

そこに答えがあります。
人の役に立ちたい。法律を使って仕事がしたい。
じゃあどうやって?何をして?と考えていきます。


あくまでも登記は手段です。

登記をしっかり学習し,その手続を適正にすることにより,権利を保全することができます
不動産を担保に供することが公示できる,不動産取引を安全かつ円滑になる
商業活動を円滑にすることができます

紛争を予防することができます。

そうすることで人の役に立つことができます。自己実現をすることができます。
お金を貰うことができます。生活をすることができます。好きなものを買うことができます。


その手段です。
だから勉強する必要があるのです。
向いてる向いていないは,気にする必要はありません。むしろ向いてますよ。

私のブログを粘り強く読むことができるのであれば,色々なことを
最後までしっかりと粘り強くできます。

勉強も最後まで続けられます。合格後も大丈夫です。
ちょっと違いますか(笑)


今その判断をする必要はありません。
合格の過程で身につく力と合格後に経験を積めば大丈夫!

やらぬうちから,できない,しらない,わからない,向いてないというのは止めましょう。
できます。わかります。向いてます。知らなければ,調べる,聞く等色々と手段はあります。
「どうやって?」と考えて,一つずつ解決していきます。


できない理由,やらない理由は今のうちから排除していきましょう。
考えた結果,直接的な答えが出なければ,間接的な答えでも良いです。
無理矢理にでも決めましょう。
まずは,お金のためでも良いし,自己満足でも良いです。

そして,行動していきましょう。

はっきりできることばかりではありません。
あやふやなままでも,自分中に確かなものを見つけ,行動することによって,
前に進むことによって,見えてくることもあります。

自然と愛着が湧いてきます。
登記の面白さを教えてくれて,さらに登記を大事にしている多くの方との出会いを
提供してくれた蛭町先生には感謝です。


本当の答えは合格後に見つけても良いのです。まずは合格しましょう。
まずは合格するためにやっているのです。

悩みながらも,行動していきましょう。悩んで学んで。
今日も張り切って勉強しましょう!


夕暮れ/ブルーハーツ





向田 恭平


posted by 司法志士 向田恭平 at 23:41| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
合格するためには、苦手な科目を作ってはいけないことも分かります。塾の考えもあるのでしょうが、受験生の思い、悩みを一番知っている、そして3Mの著者でもある先生の登記に特化した講義が、直前期の「リアル〜」以外にもあればいいなーと思っています。
Posted by こう at 2011年08月26日 07:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村