2011年08月10日

なじょにがすっぺ 〜会いに行く前に〜



4日目

早朝に宮城から親友が岩手まで迎えに来てくれた。
朝6時に。
震災後の3月末に3児のパパになった高校時代からの友人です。


二人で,眠たい目をこすりながら,宮城へ。
宮城のボランティアセンターに着き,活動内容を伝えられる。
今回の活動は,泥かき。

活動場所まで何台かの車で移動。
友人と40歳〜50歳くらいの方と3人で移動しました。


その方にお話をうかがった。

聞くと,石川県から下道で来たそうです。
高速乗るよりもホテルを使った方が安いので,2日かけて。

どういうきっかけで来たんですか?という質問の答えに熱いものが込み上げてきました。

「ここに知人がいるんですよ。それできました。」
「もう会ったんですか?」
「いや,さっき着いたばっかりで,直接ボランティアセンターにきました。
体汚してからじゃないと会えないから」


「体を汚してからじゃないと会えないから」その言葉が強く印象に残っています。


強烈な臭いの泥をスコップで土嚢へ。その土嚢を運ぶ。その繰返しです。
排水溝も,コンクリートのブロックを外して泥かきしました。

文字通り泥まみれになりました(なる必要はなかったです,やり方が下手なだけです)
つなぎが泥んこに。

まだまだ色々なところにたくさんたまっていました。
泥も瓦礫もたくさんあります。
いつ終わるのでしょうか。継続的に,長期的な活動が必要だと思います。


活動後は,友人宅へ行き,次男を抱っこして,友人と恒例の腕相撲をして,
息子とキャッチボールをして次の日福島に寄って帰りました。

色々な悩みを共有しながら一緒に成長し,喧嘩もできる大事な友達です。

私も石川から来た方と似た気持ちがあったのかもしれません。
手ぶらでいけないというか,何というか。
 
 
 
多くの方と出会い,語り合い,被災地の風景を肌で感じ,現地の方と触れ合うことができ,
刺激に満ちた日々でした。
毎日気持ちの良い汗をかくことができました。
  
色々なことがあって,色々考えた5日間。間違いなく私の人生観を変えた5日間でした。
学んだことは想像以上に大きいものでした。
  
それを日々に活かしていきます。
幸せを感じながら,目の前のやるべきことをしっかりやっていきます。
目標に向って一緒に勇往邁進していきましょう!
 
なじょにがすっぺ!
 
 
 
あいかわらずな僕ら/B'z

 
 
 
 
向田 恭平
 


1 なじょにがすっぺ〜行くことだけが決まっていた〜

2 なじょにがすっぺ〜3日間と3か月〜

3 なじょにがすっぺ〜何が必要ですか?〜

4 なんじょにがすっぺ〜陸前高田沿岸部〜

5 なじょにがすっぺ〜瓦礫の撤去作業〜

6 なじょにがすっぺ〜法律ってどうなの?〜

7 なじょにがすっぺ 〜会いに行く前に〜
posted by 司法志士 向田恭平 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村