2011年07月26日

なじょにがすっぺ〜何が必要ですか?〜


私は,現地のお二人(市役所の方と社会福祉協議会の方)に訪ねてみた。
今何が一番必要ですか?


食料がある程度手に入り,住む場所も確保できつつある。
その次に必要なのは,やっぱり仕事だよ。

との回答。
関東の方でも住む場所を提供してくれたりする人もいるんだ。本当にありがたい。
でも,仕事がないと続かねぇんだよ。やっぱり仕事が必要なんだべ。
「働きてーな」
みんなの回答はほぼ同じだった。


ここに来る途中信号が全部なかったっぺさ。
P6280695.JPG


信号はなくなっちまったか,あっても全部動いてないから人が信号やってんだ。
あれが結構良い仕事さなってるんだよ。

まぁこの土地を離れる気がない人間が多いからここで探すんだべな。
 
 
 
必要なものは,人それぞれだと思うので,一部の方の個人的な考えだと思うけど,納得です。
大地と海を相手に仕事をしてきた人は,その土地からはなかなか離れられないのかな。
 
 
私は,東京という土地にそこまでの愛着はないです。
今の仕事も東京でしかできないわけではない。
実際に名古屋,大阪,福岡,札幌等で講義をしています。

 
東北で出会った方はみんな我慢強いし,明るかった。
3か月で色々と変化があったと思いますし,その一部しか見ることはできませんでした。
ただ,そんな人を見ると自分ももっと頑張らなきゃって思う。
 
 
 
「受験なんかで辛いとか言っちゃいけない。もっと大変な人がいるから」
前向きに力が湧くならそれで良いし,元気や勇気をもらえるならそれで良いと思います。
 
 
でも,そう思って自分を追い込む必要は絶対にないです。
 
そんなこと言ったら,世界で一番辛い人しか辛いと言えなくなります。
辛いものは辛いで良い。
そこからが大事で,そこから前に進んでいけばいいのです。
 

それぞれの悩みや辛い部分がありながら,それぞれの立場で必死に前向きに頑張る。
それで素晴らしいことだと思います。
 
もちろん試験は,客観的な一定のレベルが求められています。
でも,辛いことは辛いというのは変わらないし,大変なことは大変でいいのだと思います。
そこは環境が違うし,ごくごく主観的なことで良いのだと思います。
   
 
それぞれの痛みを抱えながらも,前向きに頑張っていきましょう!
それらは合格後必ず活きてきます。

 
 
Husking Bee - 欠けボタンの浜

 
 
 
したっけ,次回は3日目陸前高田の予定です。



向田 恭平


1 なじょにがすっぺ〜行くことだけが決まっていた〜

2 なじょにがすっぺ〜3日間と3か月〜

3 なじょにがすっぺ〜何が必要ですか?〜

4 なんじょにがすっぺ〜陸前高田沿岸部〜

5 なじょにがすっぺ〜瓦礫の撤去作業〜

6 なじょにがすっぺ〜法律ってどうなの?〜

7 なじょにがすっぺ 〜会いに行く前に〜
posted by 司法志士 向田恭平 at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴重なお話をありがとうございます。
頭で考えすぎたりしないで、動けばいいんだなって思いました。日常に追われると、その気持ちを持ち続けることも難しくなってしまうかもしれないけれど。もうすぐ夏休みなので、小さなことでもしようと思います。
向田先生の真っ直ぐで前向きなところが好きです。私も頑張ろう!って素直に思えます。
続きも楽しみにしていますね。
Posted by 奏 at 2011年07月26日 23:50
奏さん

こちらこそありがとうございます。
あまり考えずに,何かをしたいという気持ちを素直に行動に移しました。
それが良いことかは分かりません。でも,何かの良いきっかけになれば幸いです。


Posted by 向田恭平 at 2011年09月02日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村