2011年06月01日

「認定考査対策」

6月4日(日)は,いわゆる認定考査が実施されます。
直近の司法書士合格者であれば,確実に取得しておきたいところです。


全然勉強していないからといって,今の段階で諦める必要はありません。
今からでもできる限りのことをしましょう。
誤解を恐れずに言うと,実際に直前の2日間の勉強で合格した人もいます。

では,具体的に何をするか。


過去問を解く。これがやはり王道です。それに加えて,お薦めの本としては,

蛭町先生の認定司法書士への道

認定司法書士.jpg

これしかないでしょう。

初版よりもパワーアップしています。
さらに,著者である蛭町先生のメッセージはこちら
http://next-stage.at.webry.info/200906/article_1.html


司法書士の受験時代に蛭町先生の講義を受けていた方は,認定考査の
要件事実の部分については,何ら恐れる必要はありません。

蛭町先生の本があればそれをやりこんでおけば十分です。

持っていない方について。

要件事実は,過去問,加藤先生の本。
民訴は,司法書士受験時代のテキスト(クライマック等)をざっと確認。

倫理は,手引きのQ&Aを解く。間違えたものはもう一度。
解答のコツは,司法書士法で禁止されているのか。その場合は,受任することが「できない」
書士法で禁止されていないとしても,司法書士倫理に照らして受任「すべきではない」のか。
2段階で考えましょう。
キーワードは,「公正を保ち得ない恐れがある」から。
条文番号も覚えておきましょう。
司法書士倫理24条です。


まだ全然手をつけていないという方も,最後まで諦めなければ何とかなります。
ほとんどの方が実務をしながらの試験です。条件はほぼ同じです。

司法書士試験を乗り越えて合格したのです。やればできるということを実感しているはずです。
受験生は,合格者の背中を見ています。
多くの方の目標なのですから,投げ出したり,逃げ出したりはしないはずです。
今回も最後まで諦めることなく頑張っていきましょう!

司法書士試験の受験生の方へ
今の学習は,合格後に必要な知識ばかりです。
直結する知識が多いので,今のうちにしっかりとやっておきましょう!
やってやりすぎるということはないです。

したっけまた。


向田 恭平
posted by 司法志士 向田恭平 at 00:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村