2011年01月24日

金貨金融と司法書士と牧場

「金貨金融」契約は無効 札幌簡裁が初判断 実態は高利貸し 換金前提に金貨販売

司法書士は全国で活躍しています。
我が地元,北海道でのお話です。


金を借りたい人 斉藤とする。
貸主 田中とする。

田中は,斉藤に金貨(価値4万円)を渡し,
9日後には,斎藤が田中に6万円渡す約束。

斉藤はすぐに金貨を換金し,4万円を手に入れる(借りる)。

田中は,9日間で,約2万円儲ける。

司法書士のイチローが,それは高利貸しと一緒でしょ。
ダメじゃないか。

というお話。


なお,登場人物はフィクションです。

本当はこんな話

 代金後払いで相場より高く金貨を客に販売し、相場価格で換金させる形で
現金を提供する「金貨金融」の契約の有効性が問われた訴訟の判決が14日、
札幌簡裁であった。

脇山靖幸裁判官は「実質上は暴利の金銭消費貸借契約で、公序良俗に反する」
として契約は無効と判断。
業者が客の男性に求めた支払い請求を棄却した。

 男性の代理人司法書士によると「金貨金融」契約を無効とした判決は全国で初めて。
訴訟は札幌市中央区で金貨販売店を経営する業者(帯広)が、
札幌市内の男性に販売した金貨2枚の未払い代金支払いを求めて起こした。

 判決によると、業者は昨年5月1日、男性に対して9日後に
代金6万5600円を受け取る契約で金貨を渡し、換金先を紹介。

男性は同日、相場並みの4万2400円で転売した。
当時、男性は自己破産しており、別のヤミ金融への返済に追われていたという。

<北海道新聞1月15日朝刊掲載>

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/268606.html


簡裁の判断なので,その後どうなるのか。
そのまま決着したのか。

代理権の問題もありますね。


話は全く変わって,上記業者のある帯広の話。

昨年の秋に,帯広にある友人の牧場に行ってきました。


北海道 520.JPG


綺麗な空と空気の中,乳牛がたくさんいました。生まれたてから大人まで。



そして,なぜかやたら牛に好かれました。




北海道 503.JPG

乳牛ってことは,雌牛ってことですね。




私の大好きな北海道は不景気が続いていますが,佑ちゃん効果でも何でもいいので,
活性化してほしいです。

そして,高利貸しに手を出さなくてよい状況になってほしいです。

そろそろ雪まつりの時期です。
合格後は是非一度足を運んでみてください。

今日もお疲れ様でした。
そして,ありがとうございます。



向田 恭平

posted by 司法志士 向田恭平 at 01:55| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
向田先生、こんにちは。ブログ読ませていただきました。ありがとうございます。疲れた時は先生のブログで癒されながら勉強続けていきたいです。
Posted by みかん at 2011年01月24日 12:35
最後の一文にいつもあたたかい気持ちになります。「ありがとう」とか「お疲れ様」って、決まり文句になりがちだけど、大事ですよね。
いいなぁ北海道。牧場も雪まつりも。行ってみたくなりました。
Posted by K at 2011年01月24日 20:55
はい、楽しみにしています!!
Posted by 司法書士かずえ at 2011年02月01日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村