2016年07月21日

正しい方法を正しい順番で

さて突然ですが問題です。


試験後に何からやるか
以下を正しい順番に並べなさい。
なお、選択しない記号も含まれている。

ア 自己採点をする
イ 講座を申込む
ウ 講座を決める
エ 休む
オ 自己分析をする
カ 本試験分析をする
キ 基準点予想をする
ク 口述試験の勉強をする
コ 好きなことをやる


続きを読む
posted by 司法志士 向田恭平 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験対策・勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

飲まなきゃやってられないよ

という方。


気持ちは分かります。


でも,意外に,他の人に話しても
試験の大変さが分からない
慰められたくない
励まされたくもない

人と話したいけど話したくない


という矛盾した気持ちを持っている人も
多いでしょう。

続きを読む
posted by 司法志士 向田恭平 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

試験を続けるかやめるか悩めるときは

試験が終わり、試験を続けるかやめるか
悩んでいる方も多いかと思います。


人生をかけて本気で取り組んだ方は
特にそうだと思います。

もちろん
しばらく悩んでも良いかとは思います。



ただ、悩みを抱えたままの日々は
疲れてしまいます。



そんな時はどうするか。


続きを読む
posted by 司法志士 向田恭平 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ノウハウ・メンタルスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

リスタート

本試験の疲れやショックが
回復していないのは十分
承知しています。


ただ、既に動いている人もいます。


勉強をすぐに開始したいということで、
問合せを何件か頂きました。
続きを読む
posted by 司法志士 向田恭平 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ノウハウ・メンタルスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

午後択一の講評

遅くなりましたが、午後の択一の講評です。

ブログのコメントでもそうですし、メルマガへもメールで
さらには、Wセミナーの姫野寛之先生から催促がきまして
プレッシャーに負けてアップしました。



今週は、私が主宰しているハイブリッド合格塾
パートナーを中心とした塾生からの報告や相談を
中心にしていました。
(遅れた言い訳です。)


パートナーコースの方は、半分以上の方が
午前午後のどちらかは30問以上
取れていました。

塾生からの報告を聞くと午後の出来は思ったよりも良く、
基準点予想は24問でしたが、上がるかもしれません。
午前とのバランスで。
昨年度のことを考えると午前が26問の可能性もありかと思います。
昨年度は例年の考え方でいくと午前の基準点は31問だったので。


結果というのは残酷で、択一を超えても記述式で
超えられるのはその半分、合格率3%の試験で
全員合格は簡単ではないですが、私としては
非常に手応えを感じています。


さて、本題の午後の部択一の講評です。
続きを読む
posted by 司法志士 向田恭平 at 05:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 試験情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

午前30問目解答について

さて,タイトルの件,
質問が来たので,回答させて頂きます。


今更な感はありますが。



続きを読む
posted by 司法志士 向田恭平 at 17:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 試験情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

午前の部講評 ランクとコメントと基準点予想2016

本試験お疲れ様でした。

午前の部のランク、雑感、基準点予想を出します。

夜には動画でも簡単なコメントをします。
23時からこちらで公開します。


ゆっくりお休みしているので、すぐではなくても良いので、
タイミングを見て是非ご覧頂ければと思います。


※見にくくてすいません。


さて、午前の部のランクです。


まずは全体の個数から。

ランク 個数  ランクの意味
A 24 絶対に正解すべき問題
B⁺ 6 基準点までは半分くらい、合格点なら半分以上正解したい合否を分ける問題
B 3 正解できなくても仕方ない問題
C 2 正解が厳しい問題



※追記
最後に資料を追加しました。
一部修正しました7/3 23:50 大変失礼致しました。
続きを読む
posted by 司法志士 向田恭平 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする