2013年07月03日

とにかくやる

とにかくやる時期ですよね。


残りの時間は特に、

本試験当日、問題に正解するための学習

を意識して時間を使いましょう。

理解、納得は必要ないです。
だから、テキストを頭から読むとかは全く必要ないです。

既に完璧に理解している部分、正解できる部分も飛ばしてオッケーです。


優先順位は、
出題可能性が高くて、苦手分野。
出題可能性が高くて、できる分野


×やらなくていい分野
出題可能性が高くて完璧
出題可能性が低い (苦手含む)


苦手で、理解できていない分野は、問題作成のキーワード、ポイントを
5つくらい覚えておきましょう。

そして、その分野が出題されたら、キーワードが入っている肢を
探して判断します。

それくらいの開き直りも大事です。


頻出分野の部分的な文言等の細かさ、正確さは必要ですが、
全体での完璧主義は、排除しましょう。


こんな時こそ楽しみましょう!



向田恭平
posted by 司法志士 向田恭平 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法書士・合格後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村