2011年06月28日

ラストの学習

もうすぐ本試験です。

最後に何をすべきか。択一記述別に確認します。
学習以外の確認は次回にします。



まずは択一

最後の確認です。
今まで使ってきた教材、最後に確認すると決めていたものをやります。
解くというよりも、読む、見るという感覚でも構いません。

年度別に解くならば、厳しめの時間設定でやりましょう。



次に記述

知識はもちろんですが、それ以上に、解答プロセス、ミスの確認をします。

解答プロセスについては、何をどの順番で解答するかを最後に固めておきます。

問題文
登記記録
注意事項
別紙
事実関係 等


募集株式の発行であれば、
会社形態
決議機関
決議要件(種類株主総会、定款、決議での委任、その有効期間等)
割当先
出資財産
自己株の有無
差損
失権
資本金に組み入れる(入れない)額

等々


ミスについては、知識の有無ではなく、くだらないミスをしていないか。

問題文の指示に従っているか
注意事項のチェック漏れ
当事者間違い
日付
第三者の承諾
計算

これらがきっちり出来ているか、問題を通じて確認します。
特に、問題文の指示に従わないものを解答すると大きな失点になります。


ミスなく、とにかく力を発揮することを意識して、残り期間張り切っていきましょう!

したっけまた!


向田 恭平
posted by 司法志士 向田恭平 at 06:49| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村